仕事納め☆2015

冬らしい冬がなかなか来なくて、暖かいのはうれしいんだけど、

未だ新しい草がジャンジャン発芽してくるのがちょっと気がかりな今日この頃です。

そういえば今年はまだ一度も靴下の2枚履きしてないなー。(すごく寒いと3枚の時もあり)


さて、例年ですと28~29日頃までめいっぱいねぎの出荷をしていますが、今年は早々と終了してしまいました(涙)。

こうなることは予測していたので、寂しい年末にならないよう旅行を計画しといてヨカッタ(汗)。

(こういうことだけは何故か用意周到にできる)


今日は半日はる専務をお供に畑仕事をちゃっと片付けて、作業場も整理して、

あとは家の掃除と旅行の準備(まだ途中、汗)で、2015年は仕事納めです。

(何かでお祝いしよっ♡)


久しぶりに年末年始ゆっくりなので、小城の本家のある鹿児島にも5年ぶりに里帰りの予定。

山口&鹿児島でお墓参りして、来年のねぎがうまくできるよう、ご先祖様にお願いして参ります。


今年一年は失敗ばかりの年でしたが、

失敗の原因をひとつひとつ排除していき、

来年こそはよいねぎが作れるよう、しっかり管理していきたいと思います。


・・・って、このつい使ってしまう「しっかり管理する」って、具体的にはどんなんだ!?

と常々思っていました。

2016年はそんなことがテーマになりそうです。


それでは、皆様、今年も小城家とねぎブログをあたたかく見守ってくださり、ありがとうございました。

2016年も引き続きよろしくお願い致します☆


では、早いですけど・・・

よいお年を!!




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



初夏ネギ定植☆自苗とJA苗

冬至なのに、柚子風呂にするの忘れたー(汗)。


最近、初夏ネギ(翌6~7月獲り)の定植を続けてしました。

一か所はいつものチェーンポット苗。


よし、植えるぞー。

1222 (4)

って、一見よさげな苗に見えますが、数えてみたら、既に20%くらい苗がなかった(育苗下手すぎ、汗)。

1222 (3)

今まで漠然と、育苗中に10%くらいはもうなくなってるのかなー、と思っていましたが、

怖くて数えていなかったのでした(汗)。

1222 (2)

ここから更に何パーセントが出荷まで漕ぎつけられるでしょうか??


次に、ひっさびさにJAのセル苗定植を頼んでみました。

1222 (6)

何故委託したかというと、チェーンポット苗とずらして年明けに植えたかったので。(お正月居ないから苗の管理できないので、汗)

1222 (7)

でも結局年内定植になってしまいました。

昨年、年明けに植えた苗は霜にやられて活着が思わしくなかったから、今年は全部年内に植えることにしたそうです。


あ、・・・そうですか。

じゃあ自分で播けばよかったよー。


ある程度まとめて植えて、土寄せのタイミングで収穫時期をずらせばいいのですね。

(つい最近この話、どこかで聞いたような気が・・)


JA苗は100%とはいきませんが98%くらいの本数が残ってました(売り物だから当たり前だけど)。

1222 (5)

今後どうなるか、自分の苗と比べてみたいと思います。


来年は、自苗も定植時の生存率98%で!!(やる前は何故かいつも自信満々なんだけどなー)



さて、今日ははるちゃんの終業式&毎年フライングしてしまう我が家のクリスマス会でした♪


小4のはる、まだサンタさんを信じているのか・・・?

半信半疑でしたが、このサンタさん宛ての手紙をみると、完全に信じている様子・・。

haru (2)

部屋の窓にプレゼントのリクエストを書いた手紙が貼ってあったのですが、

よぉーく読むと、「これは予備を含めて2個でお願いします」、などの恐ーい内容になってました。

haru (3)

文面は一見丁寧でへりくだりながらも肝心なところで押しは強く、尚且つ相手を思いやる一言を忘れない、

というビジネス文書として大変参考にになる内容デス(汗)。

haru (1)


かかちゃんは仰せの通りにせっせとア○ゾンで商品を取り寄せたのですが、

商品が全部揃ってから(リクエストの品は一個じゃなかった、汗)確認のため、再度部屋を覗きに行くと・・・・



何と、手紙がもう一枚増えてた(怖っ)。

内容は追加の品(プラモデルを作るための工具類を注文してあったので、それを入れる工具箱も欲しいとのこと)のお願いだったのですが、今までに自分が作ったプラモデルの写真に「僕のこれまで作ったものです、ちゃんと実績があります、これをふまえて新しく工具を揃えたいのでお願いします」と解説が添えてありました。

自己アピールもしっかりできているので、就職活動も心配しなくていいみたい(汗)。


サンタさんへのお供え物も準備OK☆ (鬼柚子ジャム添え♪)

1222 (1)

さて、今夜はサンタさん来てくれるかなー。

(この自作自演、あと何年続くのかな)



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

下仁田ネギ☆2015

最近の様子を少し・・。

毎年恒例、神戸からシルバーさんが年末出荷のお手伝いに来てくれています☆

1220 (9)

今年は作業場が海老芋に占領されてかなり狭くなっておりますが・・(汗)。


ねぎはあの軟腐病大発生したスカスカの圃場のものです・・。

1220 (2)

だから、2Lばっかり~(汗)。

1220 (10)

バットみたいなねぎになる前に収穫し終わらなければ(焦)。


しかし、太さではやはりコチラにはかないません。

1220 (1)

今年も送っていただきました! 下仁田ねぎ~♪♪

群馬の農家ですが 何か??
の岩田さんのところからです(毎年お忙しい時期にありがとうございますm(_ _)m)

今年はぜーんぜん寒くないので師走感が全くなかったけど、

これが届くと、もうすぐクリスマス&年末だな~、とシミジミ感じます。


今日のところは贅沢に大きく切って、クリームシチューに入れました☆

1220 (7)

海老芋とのコラボ♪  トロトロねぎ&クリーミー孫芋の組み合わせで、うんまーい♡


今年もオマケをつけてくださいました。

1220 (8)

赤ネギ~☆ 綺麗な赤紫色、生食できるのでサラダに使います!


それから、鬼柚子~!! というおっきい柚子!

1220 (3)

普通のゆずと比べると、こんなに大きいっ。

この爽やかな香りの肉厚の皮はぜひともジャムにしてみたいと思います。


美味しいものをたくさんありがとうございました!



今日はこの他にもよいことがたくさんあった日でした。

隣の畑のおじさんからキャベツをいただいた。

パートさんがレモンをたくさん持ってきてくれた。

お隣から獲れたてレンコンと、釣りたてブリをいただいた。


「よいこと」って、食べ物ばかりのことじゃないですよ。

極めつけはコレ。


掘りとりしてたら、雨がパラパラ→その後晴れたら・・・・

大きい虹が~~!!


虹、大きすぎて画面に入りきらず。

1220 (4)


3つに分けて撮ってみました(画像をクリックすると大きく見られます)。

1220 (5)
1220 (6)

完全なかたちの虹って、もしかしたら初めて見たかも!!

平地ならではの光景ですね。


よいことが一度にたくさんありすぎて、もしや明日死ぬんじゃないかと心配になってきた(汗)。





ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー




手遅れになる前に。 就農5年目日記7

幸福度アップのために、

ストレスその2「忙しくて子供に手をかけられない罪悪感」をどう排除するか、

のミッションのお話です。


「はる専務」と冗談半分で呼んでおだてておきながら、畑仕事に帯同していたわが子ですが、

小2後半くらいになるとだんだんと一人でお留守番もできるようになってきまして・・・。


お留守番させておいても、ずっとテレビ&ゲームし放題、というわけではなく、

自分の好きなこと(トミカタウンを作ったり、プラモデルを作ったり、庭に穴を掘ったり・・・)などをして

超おりこうちゃんに過ごしているので、特に心配することもないがために、

だんだんと放置しておく時間が長くなって、遂には土日ずーっとほとんど留守番させておくことも、

という状況にいつの間にかなっていました。


で、気付いた時には、

「今日学校どうだった?」

「べつに・・・」


反抗期入口の子供にありがちな薄~い反応になってきて、

こうなるともちろん誘っても畑にはついてきません。

自分の幼少期をのことを思い返すと、年齢的にもまあこんなもんか、

寂しいけどこうやってだんだんと離れていくのかな、という気がしていました。


しかし、うちのスーパーととちゃんは幸い子煩悩だったため、

早朝出社にシフトして、夕方も18時には帰宅するため、毎日の朝・夕ご飯を子供と一緒に食べて、

夜も子供と一緒に21時就寝(汗)の寝かしつけも担当していたので、

子どものことはととちゃん頼みに。

自然とはるちゃんも、ととちゃん大好き!、いつも「ねぎ、ねぎ」ばっかり言ってて忙しいかかちゃんは悪者、

の構図ができあがりまして・・・

たまに土日でととちゃんがはるちゃんを連れて遊びに行くときも、

わたしは仕事がつかえているので、一人残ってねぎの皮剥きを・・・・。


なんだかな~。


それでも選果が間に合わなくて、昨シーズン5aの棒ネギ畑を潰したのは記憶に新しいデスね。


ちょっとーーーーっ!!

そもそもわたし一人がねぎ農家になろうって言い出したんじゃなくて、

みんなで始めたのに、なんで勝手にフェイドアウトしてるのよーーー!!

であります。



放っておいても子は勝手に育つだろうけど、この状況が楽しいか楽しくないか、

と考えたら、絶対につまらないし、

あの頃は忙しかったからあまりかまってあげられなくて悪かったな、

と気付いたときには手遅れになっている可能性も。


ともかく、はるちゃんとこのような関係だと、

たった今手がかからなくても、将来的に絶対そのシワヨセがくると察知したので、

意識的に「子供ための時間」というのを確保しようと思いまして、

小3の終わり頃からは朝の時間を勉強をみてあげたり、ちょっと遊んだり(トランプとか、汗)することに。

しかし、真夏になるとできるだけ涼しいうちに外の仕事をしたいので、そうはいきません。

なし崩し的に子供時間がなくなっていたのですが、

今年の夏は初めてのエビイモの管理作業があったので、慣れないことでわたし一人ではなかなかはかどらず、

ネコの手も借りたいところに、例によって歩合制のお小遣いではる専務をつり、

無理やり畑仕事を手伝わせてみたら・・・

思いがけず、この小学四年生が役に立つこと!

少なくとも農作業未経験の大人よりは要領もよくて、正確な作業、ある程度長時間でもOK。


これまでは、ねぎの箱折り&ねぎ抜き少々のお手伝いが定番でしたが、他のこともやらせてみると・・。

いつの間にか力もついて、抜いたねぎをコモで包んで軽トラに運ぶところまでできるようになっていたり、

草取りはもちろん、直売所用のねぎの袋詰めとか、孫芋の調整(パートさんより速い)とか、

ご飯炊いたり、洗濯物たたんだり、食器洗ったり、掃除機かけたり、家のことも一通りできるので、

わたしはいつ一人旅に出てもよいかもしれません。


こうして、最近は子供が土日畑についてくるのがあたり前になってきて、

ついてこれない作業のときは家のことを積極的にやってくれるように。

わたしもなるべく土日にはるちゃんが一緒にできる作業(収穫とか)をもってきて、

トラクターとか防除は平日にまわすことに。

手伝ってもらうと作業が早く終わるので、以前のようにわたしだけ一人お留守番じゃなくて、

外に遊びに行くときもついていけるように。


子供にお手伝いをさせただけで、思わぬ相乗効果が生まれ、仕事も家庭もうまくまわりはじめて、

めでたしめでたし、という結論でした。



それにしても、畑に連れていくと、はるちゃんのよく喋ること、喋ること。

この人、こんなに喋るキャラだったんだ!?と圧倒されます。

家で無口な子やお父さん、おじいちゃん方って、

話を聞いてあげる人がいれば、みんなおしゃべりになるんじゃないでしょうか。



 

ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しさの軽減。 就農5年目日記6

幸福度アップのために排除したいストレス、

ワースト1は「仕事が遅れる」で、その解決策は減反&反収アップでしたが、

ワースト2は「忙しくて子供に手をかけられない罪悪感」です。


「忙しさ」が原因なら、減反で解決できるのでは?

と思ってしまいそうですが、

減反しても畑に出ている時間を減らすわけではなく、

ひとつの畑にもっと目と手をかけて、全体の生産量をアップしようという作戦なので、

仕事量が減る、ということではないのです。


「忙しい」の度合いと感じ方は人それぞれで、

サラリーマン・自営業・専業主婦・お年寄り・・・・、

環境は違えど、いつも「忙しい、忙しい」と言っている人がいますが、

たくさん仕事をこなしている人って不思議と「忙しい」とは言いませんね。

わたしはついつい「忙しい」を連発してしまう、あまり忙しくない人(汗)

大して忙しくないはずなのに「忙しい」と感じる原因は?

日・週・月・年単位でいつまでにアレをやらないと、というのがいつも頭の中でグルグルまわっているのに、

目の前の雑用に追われて、重要な仕事が進んでいないから、かなー。


いくつかやりたいことがあるときに、優先順位をつけると思いますが、これまでのわたしはいつも「すぐにできること」から取り掛かっていました。

そこを、重要で時間もかかるがそれが終わらないとストレスや罪悪感を強く感じる「大物」から先にやっつけることに変えてみました。

ヒントは洗濯物です!(後付けだけど、汗)

わたしはいつもバスタオルやズボンなどの大物から先に干すことにしています。

そのほうが、残りが少なく見えて、ゴールが近いと感じるからです。

小物から干し始めると、やってもやっても全然減ってない~(泣)、になるので。


・・・と、仕事のことと生活のこと、区別がないのももしかしたら問題なのか?

その生活のことの中で、やってしまえば終わる雑用じゃなくて、

エンドレスに続く重要課題は「子どもとのかかわり方」です。

目の前の忙しさを理由に、後回しになっていることが多すぎて、その蓄積がストレスと罪悪感を生んでいたのですが・・・

まず意識から変えて、物理的なことも解決できないか、と目論んでみました。


また長くなりそうなので、つづく、にします(汗)。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



反収6t!? 就農5年目日記5

「反収6t獲りは可能か」、の検証の続きデス。


※長~い独り言が続きますので、ねぎの播種粒数にご興味のない方は、後半の<まとめ>のとこだけご覧ください(汗)。



>JA出荷のねぎは1cs/3kgなので、まず、元々目指していた3t/10aは1000cs分のねぎということになります。

>ここでいう1反(10a)のねぎとは、1000m分のねぎとします。

>なので、mあたり1cs(3kg)獲れれば合格ラインとしていたところを、

>倍のmあたり2csのねぎを獲ろう、という目標設定にします。


まず、一反あたり何粒の種を播種するか?

先輩農家さんの場合はJAのセル苗定植で、6.5cmピッチの3粒撒きです。

1000m分だと・・・約46000粒となります。

ねぎは各生育ステージの途中で次第になくなっていきます・・・もちろん育苗中にも。

しかし、JAの名誉にかけて、委託定植の場合は、定植時100%の苗が植えられたとしましょうか・・

いや、98%くらいかな?

で、その後も着々とねぎがなくなっていきつつ、生育も進んで収穫時期を迎えます。

収量を上げたいために、2Lサイズになるまで待ってから収穫開始すると・・・

2000CSを全て2L出荷したとすると、1cs=20本のねぎ、ということになりますから、

全部で40000本のねぎが残っている、ということになります。

播種したのは46000粒なので、製品率は86%(しかも全て2L)です。

100本のうち14本が消えてなくなっているか出荷不可のねぎ、ということになります。


傍から見た感じでは・・・・

上手な農家さんの畑は定植以降、ねぎが全然無くなっていないように見えるので、

定植時が100%だとすると、その後無くなったねぎが14%以下、ということももしかしたらありえるかもしれません。

が、これは人の畑のことなので、憶測です。


自分に置き換えてみると・・・

わたしのねぎの製品率、過去最高は65%です(汗)

育苗技術がまだまだでして、定植の時点で既に数%減(焦)

なので、来年の苗はチェーンポットで5cmピッチ・3粒蒔きにしようと思っています。

これまでは10cmピッチ・4粒蒔きが主流でした。理由は、育苗が約半分の手間と資材代で済むからです。

そして、定植密度が低いほうが、ねぎをはやく太らせることができるため、

早獲り&2L率UPを狙って、の作戦でした。

しかし、ねぎがだんだんとなくなっていくことを想定すると、最初の播種粒数は多いほうが有利かな、

と思い始めました。


次に、わたしのねぎの階級発生率・・・

この製品率65%のとき(1・2月獲り)は2L≒83%、L≒9% A(2級品)≒7%でした。

ちなみに、過去に2L率が一番高かったのは3月獲りの91%ですが、製品率は45%(笑)。

2Lといっても限りなく3Lに近いギリギリのおねぎです(汗)。

これらはもちろん10cmピッチ4粒蒔きでしたが、5cmピッチ3粒まきも試したことがあります。

しかし、初夏ネギなので、ちょっと比較対象にならないかもしれませんが、

2L率はたったの6%。

初夏ネギなので暑さが心配で前倒しで獲っているため、というのもあるし、

太りを待って置いておいたとしても、暑くなるとねぎが細ってくるので、こんなもんかなー。

(現在育苗中の初夏ねぎは10cmピッチ・4粒なので、来年6月に比較してみたいと思います)

でも冬獲りだったらこのまま置いておけば通常どんどん太っていき、2L率は上がります。

そして実は、過去には4.5粒まきとか、5粒まきとか、恐ろしい実験をしたこともありましたが、

一応出荷できるねぎにはなったはずですが、細かく刻みすぎて、

何をどこに植えていてどのくらい収穫できたか結局うやむやになりました、とさ。




<まとめ>

あれこれ書いて、ゴチャゴチャしてきましたが、

反収6tだけを追求した場合のまとめ。


①作型・・・1・2月獲り(ねぎの太りがよく、夏越し時にねぎが小さいので夏の病気になりにくい)

②播種・・・4月中旬 CPチェーンポット(5cmピッチ)・3粒蒔き
     (1月獲りなら5月中旬播種でもよいが、太らせて収穫することを考えて、生育期間を一カ月長めにとるため)

③品種・・・在圃性に優れ、徒長しにくいもの(生育期間を長めにとることと、密集すると徒長して棒ネギ多発が心配ダカラ)


反収6tにするには・・・

10a(1000m)あたりの播種粒数 = 60000粒

製品率67%までがんばったときのねぎの残本数 ≒ 40000本

これを全て2Lで出荷すると(ここはかなり無理目ですが、汗) = 2000cs(cs/3kg)


うぉーっ!!

こんだけ獲れればねぎ御殿が建つかもーーー♪♪♪


と、超プラス思考にするとこういうおめでたい机上の空論ができあがりますが、

製品率・階級比率を各1%ずついじっただけで、おネギ数百本の差が出ますし、

計算上はいかようにも操作できます。

逆に、反収6tなんてありえないよ、という数字を出すのも簡単です。


しかし、とりあえず、こうするとこういう結果が得られるのでは?

という仮説を立てて、何度もやり方を変えて実験を繰り返し行い、少しずつ成果を上げることができれば、

夢のような数字にも徐々に近づけるかもしれません。

逆に、最初から、こんなの無理でしょ、という仮説を立ててしまうと、実験をすることすらないので、

それ以上の成長はないと思います。


というわけで、①~③はすぐできるので、

28年度は超絶篤農家を目指す第一歩を踏み出したいと思います、

ねぎ御殿を建てるために(マジ)。


え、誰ですか?

今、

篤農家以前に普通の農家目指したら?

て聞こえたような気が・・(疑)。


※たぶんどこかしら計算間違ってるでしょうから、お気づきの方は優しくご指摘くださいm(_ _)m


ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

本数で考える。 就農5年目日記4

この間の幸福度の話の続きです☆


幸福度アップのためにストレスをひとつずつ排除していけばよい、ということを思いつきましたが、

マイストレスワースト1は、やっぱり「仕事が遅れる」。

これに尽きますね・・・。

これは多くの人にあてはまると思うのですが、仕事がたまるとイライラしますし、

作業が遅れると、作物の出来にも影響します。

そして、わたしにとっての「仕事」とは、家のことも含まれます。

畑仕事をめいいっぱいやりすぎて、洗濯物がたまってしまったのでは本末転倒です。

どの点が本末転倒かというと・・・

ねぎを作る目的=更に幸せな暮らしを求めて、だったのに、

汚部屋に幸せがくるわけありませんからねー。


1~2年前くらいのわたしは、よくこのブログでも愚痴っていたような気がしますが、

一日中ねぎのことだけを考えていられて、自動的にご飯が出てきて、お風呂がわいてて、

お布団が敷かれてて、バタッと寝られたらどんなにか素晴らしい日々なんでしょう~~、

と思っていました。

が、自動的にご飯が出てきたことはありませんでした。

共働きなら家事は分担制にしてもよいのでは?

と思ってしまいそうですが、うちのととちゃんの場合は・・・

ねぎの仕事を分担してもらってますから~~(汗)。

というわけで、暮らしとバランスのとれるやり方をしないと、楽しくできない、と思い直しました。

天気が良い日は、畑にも出たいけど、お布団も干したいのです。


では、どうしたら両立できるか?


自分の作業時間を減らすために、パートさんなどの雇用を増やす、作業を機械化する、

などいろいろ方法はあると思いますが、

ここは思い切って「減反」してみることにします。


な、なんと安易な!?

と思われるかもしれませんが、減反するからこそできる大幅な反収&収入アップを目指そうと企んでおります。


・・・どうやって??


これまで反収3tを目安にねぎを作っていたところを、

先日のベテラン農家さんのお話、「反収6t」は本当に可能か?について検証してみました。


JA出荷のねぎは1cs/3kgなので、まず、元々目指していた3t/10aは1000cs分のねぎということになります。

ここでいう1反(10a)のねぎとは、1000m分のねぎとします。

なので、mあたり1cs(3kg)獲れれば合格ラインとしていたところを、

倍のmあたり2csのねぎを獲ろう、という目標設定にします。


このように、tとかkgなどの重さや、出荷csで収量を考えるのが一般的ですが、

ふと、昨年の今頃、小学生がうちに社会科見学に来てくれたときのことを思い出しました。

小学生が社会見学にきました☆



小学生の数々の想定外質問の中でも、答えに苦労した

一日または一年に何本のねぎを出荷しますか?

畑には何本のねぎを植えていますか?

などの「何本?」攻めです。


そのときのわたしは、

え~っ、kgとかcs数なら把握してるけど、何本か、なんて考えたことなかったわ~(笑)

と、笑い飛ばしていたわけですが、

何故ねぎの本数が答えられなかったのか?


実際、チェーンポット苗で何粒播種しているかははっきりしているので、

その畑に何本のねぎを植えているかはすぐにわかるはずだし、

出荷後も階級別の入箱数で何本出荷したかは簡単に計算できます。

それならば播種~出荷までの間に、果たして何%のねぎが無くなっているのか、

ということも、あまり知りたくないけど、正確にわかってしまう・・・。


分けつではなく一本ネギなので、播種してからは事あるごとに減る一方なのです。

そこをいかに減らさないかがポイントだったのか・・・。(今更ですが、汗)


小学生の素朴な質問、恐るべし。


反収6tは可能か?&幸福度アップねた、次回もまだまだ続きマス(予告)。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

現代農業、みたび。

雑誌「現代農業」さんに、1月号(12月5日発売)も掲載していただきました☆

まさかの3号続けて連載となりましたが、これがホントに最終回です(汗)。


今回は新規就農者が地域のベテラン農家さんにどのように生産技術を教わっているか、

という特集で、わたしは新規就農者の立場から、こんな風に教えてもらっているよ、ということを書きました。


記事でも書きましたが、わたしは特に研修を受けたり、特定の師匠について教えてもらったわけではなく、

周りの人全てが先生、というふうでここまできたのですが、

実はこのときの撮影(カメラマン:ととちゃん)でも、ものすごい事実が発覚しました。


一緒に写真に写っていただいた農家さんのねぎの反収・・・、

よい年は何と一反≒2000cs/3kg、悪いときで1500csいくそうです。

つまり反収6t超えると合格ラインらしいです。


あのー、これまで反収3t目指して四苦八苦していたわたしって、何だったんでしょう?

この地域の冬~春獲りは、きっちりやればそのくらいの収量はアッタリマエってことですね。


この農家さん、御年80歳で、定年退職後にねぎを始めて20年(おそらく家業を継いで)だそうですが、

60代で健康なのに時間をもてあまし、毎朝同じコースをお散歩して、

お金のかからないコミュニティセンターに出入りするような、

残り時間をつぶすだけの人生(ちょっと言いすぎかも~、汗)を送っている人に比べて、

何と生き生きしておられることでしょう。


それに、このパターンの農家さんて、結構ガッチリ稼いでおられるのではないかと思います。

小規模なら投資がほとんど不要な露地野菜で、

先代からの土地も農機もノウハウももっていて、

栽培品目は地域の特産品で価格が比較的安定している。

まず赤字になることはそうそうないでしょう。


「そういうものにわたしはなりたい」

といつも思いマス。



それから、今号P96~の股関節を使った農作業の仕方。

これは凄いですね。

おじいちゃんおばあちゃんたちが鍬で作業しているのを見ると、

一見超スローに見えるのですが、同じ作業を半日、一日、と続けても全然ペースが乱れず、

結果的に速い、という不思議に迫っています。

わたしはてっきり呼吸法が違うとか、そういうことかな、と思っていたのですが、

まさかスキージャンプのほうだったとは。


人は自身の身体をうまくつかえば、作業に順応できるのに、わたしら若いモン(そう若くもないですが、汗)、

すぐに、「こんなのやってられんわ」と、機械とか道具に頼ってしまい、

新しい便利グッズを開発して、それを「進歩」だと思い込んでいる、

・・・がっ、しかしっっ! 実は人類自体の能力は退化していっているということに気付いてほしい!!


そんな壮大なテーマの「現代農業1月号」です。

(あ、違いましたか?)




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


幸福度を高めるには。 就農5年目日記3

タイトルを見ると、宗教の勧誘のようですが・・・

そうではありません(汗)。


非農家が新規就農して1年目、2年目は何もかもが新鮮で、とにかく一生懸命やるので、

それなりの作物ができます。

3年目くらいから欲が出てきて、増反しながら作業の効率化だ、などと言って、

ちょっと楽をしようとしたりして・・・

で、4~5年目あたりで、もしかしたらその年が「たまたま」かもしれないけど、

自然災害にあたったり、病害虫の発生などで減収傾向へ・・・。


これは、「新規就農あるある」です。


なーんて、他人事のように言ってみたけど、わたしのことだった(焦)。


今年のねぎは惨敗だったわけですが、こうなったときに慌てて他の品目に手を出したりすると、

余計とっちらかると思って、じっと我慢でした。

こういうときは、一度立ち止まってじっくり考えてみるべし。(経済的に余裕があれば)


こんなときこそ、そもそもどうして就農したか?

くらいまで遡ってみると、自分はいったい何のためにねぎを作っているのか、

なんてことまでがちょっとわかったりして・・・。

そして、これから末永くねぎを作り続けるモチベーションを保てるように、

ある程度方向性を定めておくと、今後も事あるごとにそれがよりどころになるであろう(願望)。


そういうのを「経営理念」と呼ぶらしいのですが。


だいたいわたしが何でねぎを作り始めたかというと、

家族みんなでそれをやると、当時の暮らしより更に「幸せになれる」と思ったからです。


ねぎを始める前と今とを比べると・・・

はっきり申し上げて・・・


今の方が断然幸せです♪

(あーよかった、汗)


ここで、より幸せになる=幸福度アップというキーワードがでてきますが、

人の幸福度はどうやってはかるのか?

どうしたら幸福度がアップしたといえるのか?



わたしは悟りました。

答えが知りたい方はコチラ↓↓↓をクリック!


・・・って、宗教かセミナーの勧誘ではありません。


で、わたしなりに考えた幸福度を高める方法は、

自分がストレスに感じていることを、ひとつひとつ排除していくことです。


わたしの場合、他の人に比べて、もしかしたら極端にストレスが少ない生活をしているかもしれませんが、

無理やり考えると、ちょっとは思い浮かびます。


では、どんなストレスを感じていて、どのように排除していこうと思っているのかは・・・

また長くなりそうなので、次回につづきます。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加