農地のこと。 就5記2

就農5年目日記といっても、いろいろありすぎて、何からとりかかってよいのかよくわからないのですが・・・

とりあえず現在の農地のこと。


一年目は5aからのスタートでしたが、今は全部で140aくらいデス。

未だ、というか、当面は全て借地のままにしておく予定。

これだけの農地はもちろん全て同時に使用しているわけではなく、

ずらしながら作付けて、一作終わったら更に最低一年は休ませて使っているので、

実際に稼働しているのは半分以下ということになります。

なので、ちょっともてあまし気味の土地もあるにはあるのですが・・・・


手放す勇気がありません(涙)


なぜなら、

今後も新種の病気がいろいろと登場すると思われる 
↓ 
それが大発生したとき、どう対処すればよいかわかるまで数年を要する

その間はその病気が発生した圃場はできるだけ使いたくない

だから予備でもっておきたい


なんて、こんなことを考えていたらきりがないのはわかっているのですが、

返すのはいつでも返せますので・・・

それより、今時は新しく借りるほうが大変なのデス。

農業法人の進出で、よい土地は陣取り合戦のようにどんどんおさえられていき、

残っているのは本当に手のつけられないような危険な土地(汗)。


そして、新しく借りる土地は一見よさげにみえても実際にねぎを作ってみないとどうなるかわからない、

というリスクあり。

うちが借りているのは全て近所の農地ばかりですが、

それでも農地毎の特徴にあう作型があるので、それを把握している中でまわしていくほうが、

新しく借りるよりはよっぽど楽です。


というか、もう新しく借りたくないです、

だって耕作放棄地大変なんだもーん(泣)



ちなみに、うちが借りている土地のラインナップは


①ご近所の方から直接借りた土地
②耕作放棄地再生事業を利用して借りた土地
③農地中間管理機構を通して借りた土地
④市農林水産課の農地銀行という制度を利用して借りた土地


②~④は行政を通してお借りしているのですが、ほぼ耕作放棄地系です。

身内では手に負えなくなったので、行政に仲介してもらいアカの他人に貸してもよい、という土地なので、

あまり土地自体に思い入れもなく、荒れている場合がほとんど。

そして、新規就農者にまわってくる土地の多くはコレです。


①はいいです。

自分の代では兼業でお米だけ作っているけど、使っていない畑にも、

定期的に緑肥を入れたり、耕転したり・・・

その人自身田んぼをきちんと管理しているのですから、畑だってむやみに荒らしません。

というパターンだったりするとラッキーです。


わたしはたまたま1~2年目はこういう土地でねぎが作れたのでよかったのです。

耕作放棄地を借りようと役所に相談に行ったけど、断られたからこうなったのですが(汗)。

結果オーライです。


だって・・・

「就農一年目で耕作放棄地でねぎ」は絶対にやっちゃダメ!!


ねぎを作っているのか、草を育てているのか、鳥に巣作りの場所を提供しているのか、

本気でわからなくなります(汗)。



そして、この140a分の気になる農地の賃料は、全てタダかタダ同然にしてもらっています。

が、役所を通して借りている土地についても、

ご近所に住んでおられる地主さん(全部で10軒ほど)には毎年御中元・お歳暮も持って行っています。


最初にちゃんと利用権などを設定しているにしても、

あの土地どうなってるんだっけ? ちゃんと使ってくれてるのかな?

と相手が思う前に

お世話になりまーす、来年も貸してくださいね~

と先手を打っておくと安心してもらえるし、

御歳暮効果なのかこれまで土地のことで表立ってアレコレ言われたことはナシです。

陰ではどう言われているかわからないけど(汗)。

こういうことは、どれだけ丁寧にしても、しすぎて損する、ということはないだろうし。


間違っても、元々耕作放棄地だったところを再生して「使ってやっている」なんて思うと、

自分自身が楽しくできなくなります。



すっかり長くなりました・・(汗)

5年分の出来事をアレコレ全部と思うとつい・・・

(「その3」があるとしたら)もうちょっと分割します。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー




徒然なるままに。 就農5年目日記1

いよいよ冬の足音が近づいてきました、とはやく言いたいところですが(市況が関係しますから、汗)、

まだ晩秋ともつかぬ、ぬるい天気が続いている遠州地区です。


秋の夜長に・・・いつも21時には寝るところを近頃は22時半まで延長して、夜な夜な経営計画のシートを埋めております。

どこからひっぱってきた様式かというと・・・以前ブログに書いたことがありますが↓

マネージメント講座のこと。

県主催の農業マネージメント講座のワークシートです。


この講座、行くたびに「場違いなところに来てしまった・・・」とずっと思い込んでいたのですが、

終盤を迎えて、結果的に「参加してすごーくよかった」と感じるように・・・。


何がよかったって、何でも数値化してみると、課題がクリアになり、

今後どういう方向に進むべきか、なんてことまでも見えてきたことです。

で、初回の講座から好い加減に埋めていたワークシートに、コツコツ正確な数字を入れなおしています。

(だって、後半のシートに全部連動してるんだもん、涙)


それから、他の様々な事例を聞くと、自分はどうしたいのか、ということがだんだんとはっきりしてきます。


そんなこんなで、日夜おネギについて考えるのが益々楽しくなってきた今日この頃、

そういえば数年前に新規就農までの経緯を「就農記」としてこのブログに書いたことがありますが、

就農から5年経ち(速っ、汗)、その頃とは少し考え方もかわっているところがあるのかな、

と就農5年目日記シリーズを始めてみることに

・・・・・・しようかな?

(一週間以内に「その2」がなかったら、企画倒れと理解してください)



わたしの愛してやまないNHK朝ドラ’07「ちりとてちん」の、

喜代美が草原兄さんを落語家に復帰するよう説得するシーン。


「つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、
         そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。・・・・」


手持ち無沙汰にやることもなく一日を過ごし、硯(すずり)に向かって・・・・って・・・、

することがないからって、机に向かってものを書こうなんて普通思います?

いやいや、思わないでしょ。 吉田兼好は特別書くことが好きやったんですよ!

草原兄さんが、落語を続けておんなったのも、向いてるとか向いてないとかじゃなく、

落語が好きやったからじゃないんですかっ!!!!?????




やっぱ、いいドラマやったわーー(涙)



・・・あ、何が言いたいかというと、

わたしも農家に向いているとは言い難いのですが、

この5年、何故か一度も「辞めたい」と思ったことがありません。


徒然なるままに・・・・、

じゃ、ネギ畑の草取りしよ♪

で、休みたいとか、他のことをしたいとか、不思議とあまり思わないのです。

(単に、無趣味だから、かも)


そこらへんも含めて、経営方針に関係してくると思うのですが。



1462.jpg

<イメージ映像>

うちのネギです、念のため。(今年のじゃないけど、汗)



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー




海老芋の貯蔵。

まだまだ日中暑い遠州南地区です。

きっとある朝突然寒くなるんだろうな、と一応炬燵も出して、毎日ビクビク暮らしています(汗)。


今はこんなに暖かいけど、例年初霜がおりるのは11月28日頃だそうで、

基本的にそれまでに海老芋はなるべく掘り取ってしまうらしいです。


貯蔵の仕方はいろいろあるのだと思いますが、今年は初めてなので、

とりあえずJAさんの指導通りにやってみようかな、というこで、畑に窯(?)を掘って、

海老芋を株ごと土の下に埋めることに。


100株だけなのですが、かなりの重労働になることが予想されたので、今回は強力な若者を助っ人に呼びよせました。


まずは、機嫌良く働いていただくために、早朝接待ゴルフからスタート!

ととちゃん&義弟のゴルフチームと別口で、わたしははる専務をパターゴルフで接待。

1122 (3)

3連休中、どこも連れて行かないで、家の手伝いばっかりじゃ気のどくなので(汗)。



お昼にはいよいよ畑へ!!

とりあえずは機械頼みで、ねぎの管理機で溝を掘ります。

4往復ほどして、溝に落ちてきた土もシャベルでせっせと上げると、60~70cmくらいの深さに。


そこにシート(今日は遮光ネット的なものを使いました)を敷いて、株を崩さないように海老芋を入れます。

1122 (2)

芋を株ごと運ぶときは、柄を持ったほうが楽なので、

溝に入れた後に柄を鎌でカット。(ここがはるちゃんの役です)



最初は一輪車で一株ずつ運んでいたけど、軽トラで運べばよいことに後半やっと気付きました(汗)。

1122 (5)



皆さんお疲れで休憩中。

1122 (6)



2段積んでいっぱいになりました、

上からもシートを被せて・・・

1122 (1)


なるべく水が入らないように、溝の周囲を管理機で2度通って、更にシャベルでも土をかけて、

1122 (4)

一応完成ー♪♪


これはやっぱり重労働、来年もやるかどうかは?ですが・・。

これで本当に霜から芋を守れるのか!?

年明けに掘り取ってみるのが楽しみデス。


助っ人様様のおかげで、半日で無事終わって、

この後は温泉→焼き肉でした☆



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



管理機で困った。

11月中旬というのに、蒸し暑い遠州南地区です。

今日も暑かった(汗)。


久しぶりにかかちゃん用の小さい管理機を出動させて、ねぎの土寄せをしました。

いつもはととちゃんがもっと大きい管理機で土寄せするんですが、

雨などで遅れ遅れになっていたので仕方なく・・・。


しかし、前々から気になっていたココ。

1116 (4)

前面に泥除けシートがついているのに、これがほとんど役に立たないのデス。

シートとサイドの羽の間も空いているし、シート自体もバタバタして、

せっかく搔きあげた泥が、両サイドの羽にあたって下に落ちずに、ほとんど前方に飛んでいってしまう(汗)。

しかも、その飛び方は尋常ではなく、3~4m先まで派手に散ります。


じゃあこのシートをおろして使ってみようかな、と以前やってみたところ、

刃に当たってボロボロにしてしまった(焦)。

1116 (5)

ちなみに、これをおろして使っても、羽との隙間から泥は前に飛んでいきます。


わたしの使い方が悪いのか?

はたまた爪の取り付け方が間違っているのか?

何かひとつ部品が足りないのか?


買ったばかりのときの画像(ヤンマーRK450DX)

1116 (6)
11167.jpg

このときから設定は変えていないはずです。

泥除けシートは半分上に折りたたんで、管理機前面についているフックにひっかけて使います。


この泥が前に飛んでいく件、以前からととちゃんに訴えていたのですが、

自分が使わない機械だからか、全く対処してくれません(不満)。


しかし今日はあまりにも土が前へばかり飛んでしまうので、

1116 (3)

肥料袋をガムテープでベッタベタに貼ってやりました(憤)!

1116 (7)

袋が風でバタバタしないように、中にちょっと泥を入れておもりにする、という小技も効かせています。


自分で運転しながら撮影できなかったので、この肥料袋の威力を画像でお見せできないのが残念ですが、

道路に飛んだ土を見ていただくと一目瞭然!

1116 (1)

手前は肥料袋なしのとき。

車道にまで泥が飛んで迷惑です(これでも鍬で泥をかきあつめてお掃除した後です)。

ちなみに、ターンのときはロータリーの回転は止めています。

袋をつけた後の、奥のほうはほとんど飛んでないですよね?


ガムテープで貼っただけの肥料袋なので、すぐに剥がれると思いましたが、

今日は7aの耐久試験に合格しました☆


しかし・・・、

1116 (2)

歩き溝はかなり蛇行した跡が見られますね(汗)。

※泥除けシートとの関係はありません



この元々の泥除けシート、使い方は合っているのでしょうか?

どなたか同機種をお使いの方がいらっしゃったら教えてくださいm(_ _)m

例によって、わたしが何かを決定的に間違えているような気がしますので・・。



☆結論☆

皆さまからのいろいろなご意見をいただきまして・・・

この小型管理機はこうなりがちなんだそうです。

ヤンマーさんの名誉の為に、大型管理機の方は問題ないそうです。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



孫芋(海老芋)の皮の剥き方。

突然ですが、今日は小さい孫芋の皮の剥き方についてご紹介します。


海老芋は種芋の上に親芋ができて、その周りに子芋ができ、更にその周りに孫芋、ひ孫芋ができるのですが、

10g以上100g未満は「孫芋」として出荷されます。

直径でいうと1.5cm~4cmくらいというところでしょうか。


高く売れるのは子芋(100g~500gくらい)ですが、わたくし個人的には孫芋、

その中でも直径2cmくらいのものが一番好きです。

何故なら、ひと口サイズで食べやすく、きめ細やかで、「超クリィーミー」なんです。


この小さい孫芋、磐田から関東・関西の市場へ流通して、その先はどういったところに買い取ってもらっているのでしょう??

都心のスーパーにはこのサイズは並んでなさそうな気がします・・・。

が、地元では直売所にどっさり置いてあります。

で、わりと売れ残っている印象が(汗)。

どの地域でもそうかもしれませんが、地元のものより他所のものをありがたがる傾向があるのかもしれませんね。

それから、大きい芋に比べて調理の手間がかかるので面倒そうだから敬遠されているような気がします。


同じ理由で直売所のお魚屋さんに新鮮な「タチウオ」がおいてあるのですが、飛ぶように売れている印象はありません。

なかなか新しいタチウオって他地域では手に入らないと思うのですが。

タチウオの天ぷらは最高なんですよ☆

もちろんお刺身も塩焼きも美味しいです。

ただ、さばくのが難しいんですよね・・。

そういう私もできなくて、我が家ではととちゃんがタチウオ担当ですが(汗)。


あ、タチウオの話でつい熱くなってしまいましたが、海老芋の話です。


こんなサイズの海老芋は、いちいち包丁やピーラーで皮剥きするのは大変なので、

よく洗って、このまま茹でてしまいます。

11101 (2)

茹であがった芋のお尻のほうをギュッと押すと、中身がピュッと飛び出してきて、皮がツルッと剥けるのです。


頭のほうをこのようにちょっとカットしておけばよりはやく飛び出してくるかと思いましたけど、

あまり思わしい効果がなかったので、べつにカットしなくてもよいかも・・・。

11101 (3)


では、茹であがり後の皮剥きの様子を公開します。

(動画でお見せするほどのものでもないのですが、汗。

しかも手元があまりうつっていません、が、勇気をもってアップします)




こうすると、速く剥けるでしょう?

ねっ??

ねっっ!?



誰か速いねって言って~!(涙)。



皮を剥いたあとは、様々な料理に使えます。

味噌汁、鍋、煮物にそのまま入れればOKです。

この日はシチューに入れました。

11101 (1)


このままおつまみとして生姜醤油につけたり、チーズフォンデュの具にしたり、素揚げして塩をふって食べたり。

用途は無限にあります。

先に茹でれば調理も簡単ですから、是非たくさん食べていただきたい!


ところで、孫芋の皮を剥いていると、昔々、日本で売られている天津甘栗は中国の人が手作業で剥いたものだ、

って聞いたことを思い出しました(単なる噂だったのかもしれませんが)。


栗ぐらい 自分で剥こうよ 日本人

         by かかちゃん



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

土寄せ、土寄せ♪

10月は干ばつといってよいほど、ほっとんど雨が降らなかったので、

秋にグングン伸ばして本格的に寒くなる前に一気に大きくする、の作戦が進んでいなかったのですが、

やっとボツボツ雨が降り始め、明日からも雨かな?

ということで、昨日も今日もねぎの土寄せしました。


本格的土寄せ時期に備えて、管理機の爪も「おニュー」に☆



爪が新しいと、その気になれば一気に10cmくらい土を上げることが可能デス。(あまり無理はできませんが)


前輪の車軸が磨り減って細くなり、タイヤがガタガタしはじめていたので、

ととちゃんがちょっと調整してました。


磨り減った車軸に

1107 (2)


ねじ溝をきる道具で

1107 (3)


グルグルやって溝をつけます。

1107 (5)


そこに部品を継ぎ足して

1107 (4)


車輪をつけて完成☆

1107 (1)


その他にもととちゃんにいろいろメンテナンスしてもらってバッチリー!

といきたいところですが、エンジン音が何やら怪しいらしいです。

5年目ですが、まさかそろそろ限界が近づいている!?


管理機以外もうちにある4台の車、軽トラの15年を筆頭に全て10年超えです。

調味料が一気に切れるときのように、次々に行き倒れる日が・・・

来ないように、だましだまし先延ばししたいデス(汗)。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー




現代農業、ふたたび。

こんばんは、連日海老芋の調整作業に追われているネギ農家です。


本日発売の現代農業12月号に、ねぎのレシピの紹介の文章をちらっと載せていただいておりますので、

お手元にある方は是非チェックしてみてください☆

今度は表紙ではありません(あたりまえじゃっ)。


昔昔ブログに載せた魚介トマトスープの鍋のレシピです。

↓こんなの

1105DSCN0794.jpg

このときは台風で倒伏した曲がりねぎが多発しており、

鍋にネギを立たせるのに四苦八苦している様子が当時のブログに記載されておりました(汗)

そのときの記事→おネギとトマトの鍋☆


ところでこのようにねぎを立たせて調理する鍋のことを

「スタンディングねぎ鍋」と呼ぶらしいです。

そんな大そうな名がついていたとは知りませんでした。

ねぎを立たせると対流がよくなり、煮えるのが早くなる、という「噂」があるらしいのですが、

それについて科学的根拠をもって証明できる方がいらしゃいましたら、わたくしまでご一報いただけると幸いです。


それから、今月号には飯田市のたはたタカハシさんの師匠が載ってました♪

たかはしさんご夫妻は2年間この師匠の元で研修されたそうで、

直接の知り合いじゃないけど、発見して妙に嬉しかったですね☆

※ P54~の「フルーツトウモロコシをスープで販売」の上野さんです


先月号で表紙を飾ったけど、

自分から言った以外で「雑誌に載ってたね」と偶然みつけてくださった方は皆無でした(笑)

そのかわり、最近やたらと「事業主向け ローン組めます」という

FAXが送られてくるのですが、雑誌と関係あるかな?




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


マルチャー買ってみた。その2

昨日の続きデス。

ひっぱるほどの内容はなかったのですが、昨日は書いている途中に眠くなったので、「つづく」となっただけでした(汗)。


で、農ポリの芯の高さを地面すれすれにしたらどうなったかというと、

トラクターが前進するうちに、芯の部分がちょっと接地してしまったようで、

土が芯の前にどんどん溜まっていって、重くなって・・・

気付けば芯が曲がってる!


すぐに一旦止めて芯の位置を上げて再スタートすると、

今度は先ほど変なところに負荷がかかった影響で、ビニールの端が上部の部品に当たって表面が少し切れてしまい、

端がヒラヒラーと舞っています。

仕方ないのでそこは鍬で土をかけます(汗)

すぐにかけないと、そこから風が入って、ちゃんとできていたところまで剥がれてしまうので急いで・・(焦)。


で、今度はいつの間にかスポンジタイヤの下からビニールが外れていて、土がかかっていない!

よく見ると左右の芯の出幅が若干違っていたので調整を・・・。


ひっぱり君と同じで、うまくいきときはスイスイいきますが、

一旦引っ掛かりだすと、何度も何度も止めなければならなくなります(悲)。


3列目からは上手くいって、いちおう完成!

1103 (1)

マルチャーを使うと、ビニールとビニールの間は被覆できなくなるのがちょっと問題です。

今回はロータリーと同じ150cm幅の農ポリにしましたが、最大240cmのものまで使えるので、

次回はもうちょっと幅広のものでやってみて、被覆できない部分を減らそうと思います。


元々、薬剤を撒いて耕しながらマルチングしないといけないのでロータリー幅の農ポリしか使えないかな、

と思っていたのですが、ビニールの端の抑え方がひっぱり君と同じ方式(溝を切って土をかける)なので、

直前に耕して土がなるべくフカフカになっているほうが上手くいくだろう、ということで、

一度耕してからマルチをかける工程にうつりました。


そんなこんなで、結局人がビニールを広げて管理機で土かけするのと時間的にはあまり変わらないかも(汗)

でも、一度手でビニールをかけたことがありますが、かなりの重労働だったので、

楽さという点ではこちらのほうが断然上です。



もうひとつの問題。

1103 (2)

意外と場所をとる(汗)。

タタミ3畳分くらいあるんじゃないだろうか。

なので、使わないときはバラしてます。

スポンジタイヤの部分からは上に向かって折りたたむことができますが、

これで公道を走るのはいかにも危ないので、軽トラで運んで現地で取り付けました。



新品で10万円程度でした。 芋の掘り取りアタッチメントを買わずに済んだので、こちらを購入することに。

薬をまきながらマルチするタイプだと、更にプラス10万円だそうです。


お蔵入りにならなければよいのですが・・・。



農ポリの位置はやはり地面スレスレのほうがうまく張れます。






ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー




マルチャー買ってみた。

今年から土壌消毒を取り入れることにしたのですが、

消毒したあとに被覆すると効果が高いそうで・・・。

だけど、それがすごく面倒なので今まで土壌消毒は躊躇していたのデス。


先輩農家さんたちから聞くところによると、被覆しない方法もいくつかあるようですが、

いろいろと検討した結果、トラクターのアタッチメントのマルチャーを購入するはこびとなりました。


こんなのです、

ダダーン。

11031103.png


ロータリーで耕しながら、

①で溝切り
②は補助輪かなー?
③農ポリの芯(サランラップが大きくなったような)を収める
④スポンジタイヤで農ポリの端を抑える
⑤農ポリの端に土をかける

なのですが、こういうものは軌道にのるまでの微調整が大変なのです。

さて、うまくいったでしょうか。





初めてだからどうせうまくいかないだろう、と予想していましたが、一発目はなかなかよい感じです。


ちなみに最初はビニールの端に土をかけておさえておいてスタートしなければいけません。

そして、列の終わりは、ビニールをハサミで切って、また手動で土をかけておさえます。

結構原始的なんです(汗)。


しかしこれではビニールの芯の位置が若干高く、

隙間から風が入ってうまくいかないおそれがあるので、

なるべく土スレスレに設定したほうがようだろう

と思って、いくつか微調整してみると・・・



つづく。


まだ書きたいことがたくさんあって長くなりそうなので、続きはまた明日(汗)




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー