制度にのるということ。

こちらの圃場。

南4


初夏ネギを植えていますが、元々キャベツを植える予定だったのに、諸事情により全面おネギに・・。

しかも諸事情により苗が足りなくて、あちこちから掻き集めるのが大変でした。


耕作放棄地の再生事業の一環で、再生した圃場に何かしら作物を定植する際に発生する資材代を自治体に一部交付してもらえるという施策があるのですが・・・

国の方針が変わったからか、窓口となる自治体の担当者が変わったからか、審査が厳しくなったようで、数年前に同じ事業で申請したときとは様子が変わっていて、たかだか数万円のために申請してしまったことを大変後悔するハメに(汗)。

その事業を紹介していた農林水産省の「耕作放棄地を再生しよう」というページが4~5年前には確かにあったのですが、今や削除されています。

もう新規受け付けはしていないのかな?(笑)



このテの政策にのると、当然ながらきっちり成果を出さないといけなくて、

できませんでした~♪

と、簡単に言うわけにはいかないですね。

(担当者泣かせのパターンもあるみたいですけど、汗)

成果が上がらなければその施策自体が無くなってしまいますから、利用した人は責任をもって実施状況を報告する義務があります。

例えば青年就農給付金は、

「給付開始から〇年後の農業所得が〇円以上になる」、とう目標値がありますが、

その〇年後には、節税?対策は一旦置いておいて、どうにか帳尻合わせをしてでもその金額になるようにしようと思っていマス。

この制度をタイミングよく利用できたのは大変ありがたく、これから新規就農する方のためには是非続けてほしい制度だったので。

・・・でも今は、「しようと思ってました」と言ったほうが正確かな?


だってぇ~~、

既に制度自体がちょっと変わっちゃってるみたいなので~。

それに今回の耕作放棄地の件で、今後はもうこういう制度利用するのはこれで最後にしようと思いました(汗)。


政策が履行されてすぐは、どうぞこの施策を利用してください、と審査も甘いのですが、後になって、適正に利用しているか、あれもこれも書類を提出しなさい、と言われても・・

最初に言っといてくれてればいくらでも用意できたのに、そんなことで疑いの目で見られるのは心外。

こんなにちゃんとやってるのに、「現場見に来い」って感じです(やや怒)。

まあ、そういう担当者は来たら来たで余計に重箱の隅をつつくようにあれこれ指摘するのでしょうが。


担当者が変わる度に前の人がやった粗捜しをされては現場は混乱しますよね~。(どっかの知事みたいに、汗)

制度が不適切に利用されている場合もあるようなので、チェックはしないといけないのでしょうが、2~3年ですぐに思うような成果が出たら誰も苦労はしないわけで・・。

政策をコロコロ変えないで、もうちょっとじっくり取り組んでもらえないものかな~、と。

そんなわけだから、新しい政策が出たら、それにのっかれたらラッキーという人が出てくるのですね。


いつもブログを書くときは、漠然とテーマがあって、書きながら考えているのですが、想定外の方向に行ってしまうことがありますね。

思いがけず、今日はこんなオチになってしまいました。

「制度には、振り回されず、うまく利用しよう☆」



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加



青年就農給付金の監査。

本年2度目の、

♪♪こなぁ~~ ゆきいぃぃ~~♪♪

も舞って、今日はこちらもさすがに寒くなりました。

晴れてはいたのですが、最高気温は、なななんと、3.5度ですって!!

(え、そんなんで寒いって言うな??)

でも、風あるし、顔痛ーーい。

今日は全国的に鍋率が高いでしょうね☆


寒い=市況が上がる(希望)なので、選果を頑張らないといけないのですが、

今日はその合間に、青年就農給付金の会計検査に関する書類あれこれを揃えて、

提出してきました。

審査が通って一旦給付が認められても、その審査が適正だったかどうか、

ランダムに(?)選ばれた自治体には、国の会計検査院から検査が入ります。

経営開始時期の設定が、農業経営の実態に即しているか・・・など細かい点もみられるみたいですね(汗)。

うちの自治体が今年たまたまあたって大変だったよ~、

と他県の受給者さんから監査の噂は聞いていたのですが、

今年は磐田市が当たり年でしたね(汗)。

市の担当者さんも、何でよりによって・・・という感じでしょう。


確定申告がされていて、その書類(決算書だけでなく帳簿や領収書なども)と通帳がちゃんと揃っていれば、

基本的には問題ないのですが、

前職の離職票とか、所得証明(これは役場で取得できます)など、

いろいろと短期間で揃えないといけないので、ちょっと焦ります(汗)。

べつにやましいところは何もないのですが、何となくドキドキしますね・・・

無事に審査が通りますように。



土井先生のお料理シリーズ(しばらくブームが続くと思います)

☆ハンバーグの巻☆ これも先生のやり方で作るとめっちゃうまくできます♪






ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー



一農ネット。

先月、青年就農給付金の受給者の対象者にお知らせがきました・・・

「一農ネット」に入会しましょうね、とのことです。



一農ネットとは・・・

(以下、農林水産省HPより抜粋)


>青年新規就農者と農林水産省が直接つながる、青年新規就農者のためのネットワークです。

「一年生農業者」を対象に、将来は「一生農業でがんばる者」に育ってほしいとの想いを込めて、愛称を「一農(いちのう)ネット」としました。


だそうです。



昨年もお知らせがきていましたが、この手のネットワークには未だ参加したことないです。

対象者が「青年」となっているので、後ろめたいのです(汗)。



で、今回は強制的に参加してね、とのことでしたが、

参加=メールマガジンの配信に申し込んでね、という簡単なことだったので、早速申し込みました。



どんな有益な情報が送られてくるのか・・・

と、ここ二週間あまり、待てど暮らせど、全くメルマガは届きませんね。

(今、年度替わりだから?)



どんな内容のものがくるのかな、

バックナンバーをみてみますと、


やっぱりね~~、想像したとおり、

「交流会」のお知らせ。「〇〇農業人フェア」開催のお知らせ。



これって婚活の場に思えてしまうのは、わたしがオバチャンだから。。。??



もちろん交流会のお知らせの他にも、今年の雪害に対する支援事業について、

などの紹介もありましたよ☆



農林水産省のHPでは、この一農ネットの他にもたくさんメールマガジンの配信登録ができますヨ。

http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html



一農ネットについて

(バックナンバーも閲覧できます)

http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/n_syunou/1nou.html



今日は、市の農林水産課の方からお電話をいだきました。


一農ネットにちゃんと加入しましたか?

の確認と、


今年度から青年就農給付金関連の担当者がかわりましたので、よろしくお願いします、

という挨拶でした。



年度替わりですね。

消費税も増税されました??

(まだ今年度、買い物してません)



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー







排水枡の設置。

昨年、畑の排水が悪い、という愚痴をこのブログに書いていたところ・・・、

↓過去記事参照
耕作放棄地になったわけ。


ブログを見て下さった、先輩農家さんから、

畑に隣接している道路が公共道路の場合は、所轄のところが対応してくれるはずなので、一度役所へ相談されてみてはどうですか?

とアドバイスをいただきまして、(その節はありがとうございましたm(_ _)m )

ダメ元で役所に相談してみたところ、意外にも(←失礼ですが)、すぐに対応してもらえました♪♪



耕作放棄地の担当の方にまず相談したら、関係部署に伝えてくれ、

「要望書」と、地図、現場の画像を提出すればOKとのこと☆


しかし、この要望書には地域の部農会長さんまたは自治会長さんの署名が必要・・・

自分の住んでる地区ならともかく、畑はお隣の地区にあるため、

もちろんお隣の地区の方の署名じゃないといけません(焦)。



わー、どうしっかなー。

怪しいものではございません、と突然わたしが訪ねて行っても、署名してもらうのは難しいかも・・。


こういうときはやっぱり顔の広いお隣のIさん宅のご主人に相談してみないとね。

で、隣の地区の自治会長さんはどこのお宅ですか?と聞きに行ったところ、

5分もしないうちに調べてきてくださいました。


あの家の人ならよく知っているよ、わたしの名前を出せばいいよ、ハーッハッハッ!!


さすがですね☆


で、訪ねて行ったら、偶然はるちゃんのご学友のお宅だったので、更にラッキー♪

子どもがいないと、隣の地区の人まで付き合うこともなかなかないので、

はるちゃん外交で助かることも多々あります(汗)。



そんなわけで、先月、無事書類の提出が済みまして、

昨日工事してもらったのでした。



側溝にそのまま穴を開けてしまうと、土がどんどん流れ込んでしまうので、側溝の横(畑側)、道路より10cmくらい下がった位置に排水枡をつけてもらいました。

こんな感じです。

側溝 穴

畑排水
側溝 排水


2箇所つけてもらったので、管理機で溝をつけてここまで排水路をつくれば、かなり水捌けもよくなるかなと思いマス。


こういった対策がとれるのなら、畑の排水が悪い圃場も、諦めずに改善できるかもしれませんね。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

耕作放棄地になったわけ。


今年作付したところは前年まで耕作放棄地だったところです。

かれこれ20年は放置されつづけていたらしい・・・。


春の定植直後から夏の終わりまで、ずーっと

草が、草が・・・と言い続けましたが、草よりももっと困ったのは水捌けの悪さでした。

ちょっとまとまった雨が降ると、必ず病気が発生・・・。

幸いにも夏の間雨が少なかったので、何とか乗り越えられたのですが。


↓この図のように1~6まで6つの畑をまとめて借りています。

snap_negiken_201312142942.jpg

東側はわりと広い道路。

(この画像は南を向いてとってるので、逆になっててわかりにくいですが、写真向かって右側がうちの畑。)

DSCN0671.jpg

道路の両端には側溝がついていますが、昔はただの溝だったそうで・・・

道路を舗装したときコンクリートで蓋をしてしまったので、2~6の畑は排水ができなくなってしまいました。

大雨のときは道路の水が全部畑に入ってきてしまうし・・・

というわけで、使い勝手が悪いところから耕作放棄地になってしまったようです。

上下2箇所の角地は今でも作付されてます。



うちはいちばん西側の南北に長い土地も借りることができたので、その更に西側を通る用水に排水するつもりで溝もつけたけど、あまりうまく機能してなかったみたいです(汗)。


この広い道路を挟んで向かい側に師匠の畑があり、師匠の畑の奥にも暗渠があります。

条件は同じなのですが、うちは水捌けが悪く、師匠のところは問題なさそう。


師匠の畑を横からよ~く見てみると・・・

何か全体的に傾斜ついてるし~~。

ちゃんと用水に向かって段々低くなってる!


じゃあうちも来年はそうしないと・・。

畑の一番西側の様子。(これも南向いて撮ってマス)
DSCN0519.jpg

このあたりが一番荒れていて、葦・ススキ・笹ゾーンだったので、あまり奥まで定植しませんでした。

↓こんなのだった
IMG_5452_convert_20130129195742.jpg

だから、ここの余ってる土を東側に移動させればいいんだ!

でも、どうやって・・・?

ホイールローダーでも借りてくればよいのかしら・・・。


ちなみにこの道路は、ここから更に海側へ1km行ったところに工業団地を作ったときにできたそうです。

税金で道路作って、そのために耕作放棄地ができて、また税金で耕作放棄地を救済して・・・。

お金がまわってるから経済効果があっていいんですかね?




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー