ここらで一旦終わります。 就農5年目日記 最終回


「ねぎブログ」が最終回、ではありません、念のため。
(まだしばらく続けるつもりですので、よろしくお願い致します。)

最近あまり更新していなかった就農5年目日記ですが、今までどんなこと書いたんだっけな・・・とパラパラ見ていたら、ちょうど昨年の今日スタートしていたことが発覚。

まだ書こうと思っていたことはたくさんありますが、それはまたおいおい・・・、ということにして一区切りにしたいと思います。

そう、振り返ってみると、昨年の今頃は就農5年目にして過去最大のおネギの大失敗により、収穫物がほとんどなくて暇だったんだな~(汗)。

今年はおかげさまで、現在収穫におわれてヒーヒー言っております(焦)。


5年前(もう6年前だけど)は、ちょっと農全Xから始まって、半農半Xを経て、今やすっかり全農が板につきました。(ととちゃんは全農全X、汗)

就農当初に憧れていた、日々ご飯を食べたりお風呂に入ったりするように、ねぎを作ることが自分にとってあたり前の状態になりたい、という目標はいつの間にかクリアしてますね(笑)。

農業は良いときも悪いときもありますが、こうしていろんな経験を積みながら、だんだんとベテラン農家になっていくんだろうな~、と実感した一年でした。


この一年で一番考えたことは、わたしはなぜ農業をやってるの?ということだったかな。

それは就農当初から変わらず、

「家族で楽しく暮らすため」、でした。

農業はそんなに甘くないとか、仕事=厳しく辛いこととか、そういうご意見もあるでしょうが、要は自分の考え方だけで、いかようにもなることがわかりました。

自分が楽しくないと、周りの家族が楽しいわけがないので、自分自身が心身も経済的にも健全で安定した状態を保ち、幸福度アップを心がけること。

判断に迷ったときは、それを基準に考えると解決です。


これからも、うまくいくこと、いかないこといろいろあるでしょうが、とにかく徒然なるままに・・・で、コツコツと続けていれば、振り返ると何かしら成長できているはずです。

失敗したところで終わってしまえば、その結果は失敗でしかないけど、チャレンジし続ければその失敗は成功のもとと成り得るのです。(誰の格言?)


そして最近、モチベーションが下がりそうになったときに自分を律するために、新たなお題を設定しました。

それは・・

「自分の子供に尊敬されるようになる」こと。

これ、めっちゃ難しくないですか?

一番近くからいつも冷静かつシビアに見られていますから(汗)。

わたしが死んだ後に、かかちゃんはいつも色んなことやってたけど楽しそうだったなー、と言ってもらいたいですね。

ま、あと60年は生きるつもりなので、結果は60年後のお楽しみです♪

すぐに成仏せずに、この台詞を聞きとどけるまで近くに居てはるちゃんを見張っとかないとっ。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加



生涯の楽しみ。 就農5年目日記29

こないだから選果はじめてみたけど・・・

やっぱり結束機の向き、逆だよなー。と思って、ひっくり返してみました。



皮むきしたおネギを結束の台に移すのが、ちょっと遠い(5歩くらい?)のが難ですが、結束が右から左にしかできない(逆の方もいらっしゃるのかな?)ので、仕方ないデス。

それでも前よりは自然な配置になったような気がします。


皮剥き作業も最近やっと板についてきたような気がします(遅い?)。

以前は「よし、ヤルゾ!」と気合を入れていましたが、今や日常です。一年のうち9~10か月やているので当然だけど(汗)。

じゃあ飽きてしまったのかというと、そうではなく、これこそがわたしの求めていた境地なのであります。

ご飯を食べたり、家事をするときに、いちいち「おし、やるぞ」と思わないのと同じように、ネギを作ることが当たり前の状態にしたかったので。

何も考えなくても体が勝手に動く、というフロー状態ですネ♪


栽培技術のほうはまだまだなので、そっちは少しずつ改善していかないといけませんが。


語学とか楽器とか、コツコツ続ける系のものって、わたしの経験上、10年やれば身体に染み付いて、一生楽しめるくらいのレベルになると思います。

1年くらいガーッと集中してやって、わりとできるようになっても、その後しばらくやめると忘れちゃいますけど、10年もやったらその後間が空いたとしても、再開すればまた思い出せる、という・・。

個人差があると思うので、5年でそうなる人もいるのかもしれないケド(汗)。



フロー状態に近づいたからといって、ここでさぼっちゃうと、また初心者に戻ってしまいそう。

ここから更に5年続けると、停滞しているように見えて、時々グッと進歩する瞬間があるので、振り返ってみると5年前より格段に進歩したなぁ、と思うはずです。


グッと進歩するのは、点と点が繋がった瞬間なのかなぁ、という気がします。

繰り返し続ける

バラバラだったものが結びつく

しっかりと定着して身につく

そこからまた新たなものに派生して応用ができるようになる


ここから先5年は、こういう期間になりそうな予感です。


ここまで来るのが大変でしたが、農地も希望する面積になって、

ネギがとりあえず周年栽培できるようになって、設備投資もひととおり終わったので、

ネギ以外の作物も少しずつ取り入れて、うまく組み合わせると利益率も上がっていくことでしょう(願望)。


畑と基本的な農機具が揃えば、あとはいろいろな露地野菜を試せます。

ネギはもちろんのこと、どの作物も奥が深いですから(笑)、楽しみは無限です。


これはもしかして、生涯の楽しみを手に入れたことになるかも?



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

今、ここに集中する。 就農5年目日記28

さてさて、台風16号ですね。

こっちに来ないことを祈りつつ・・、

でもこっちにこなければ他のところに行きますね、ゴメンナサーイ☆


そろそろ秋ねぎの収穫が始まりますが(といいつつなかなか仕上がらないのですが・・)、毎年この時期になると、すでに来年の計画を立ててウキウキしてしまいます。

目の前の夏越しで疲れたおネギを見ていると、つい来年のまだ見ぬもっと素晴らしいおネギの妄想で現実逃避してしまって(汗)。



人にはそれぞれ考え方のパターンがあって、同じことを体験しても考えることはそれぞれ違うそうで・・・

例をいくつか挙げると、

① ある事柄にぶつかると、それがどんな意味があるのか、などすぐ分析するか裏を考える

② 悲観的になったりクヨクヨする 時間軸は過去にあって、過去の否定的な体験をひきずっている

③ 建設的で前向きな発想ができる。時間軸は今、場所はここに集中し、肯定的に考える

④ 先のことを考える。まだきていないことに不安になったり、心配したり、焦りを覚えたりする

⑤ ぼんやりして何事もあまり深く考えない

どれも、身の回りに、あーいるいる、と当てはまる人が思い浮かびそうですが、うちのととちゃんなんかは①ですね。

そしてわたくしかかちゃんは・・・④が一番近いかな。

でも、ちょっと違うのは、先のことを心配するのではなく、なぜかとても楽観的になってしまうということです(汗)。

だから、現状がよくなくても、明日はきっとよくなる、来年はもっとよくなる、と何故か変な自信をもっているので、何でも懲りずに続けられるという・・・。


クヨクヨしたり心配したりして、後退するよりはマシなのかもしれませんが、もっと現実にしっかり向き合ったほうがよいかも。

そういえば、何をするにも先のことを考え、次はあれもしなきゃ、これもしなきゃ♪とやりたいことがいっぱいで、目の前のことがおろそかになってるなー。

今流行りの座禅とか瞑想みたいなものを取り入れて、「今ここ」に集中する訓練でもしようかと、本気で考えている今日この頃デス。



まずは年内のおネギの管理を最後まで気を抜かずにやらなくっちゃ。

目の前のことを丁寧に、確実に、心を込めて。

意外とムズい・・・(汗)。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加


モチベーションを保つには。 就農5年目日記27

最近は雨が降ったりやんだりと微妙なお天気が続いていますので、作業小屋とかバックヤードの整理をボチボチしております。

来る出荷シーズンに備えてやることはいろいろとあるのですが。

どの作型についても無事に出荷を迎えられるかどうか、未だにハラハラするのが悩みのタネです。

ネギは特に生育期間が長い(このあたりでは播種から収穫開始まで約7か月)ので、その間気持ちをきらさずに最後まで管理することがなかなか難しいのです。

(・・え、わたしだけ?)

元々、自分の中で完璧な計画を立てておいて、ちょっとでもつまづくと全部が嫌になっちゃう、という困ったタイプだったのですが、ねぎ栽培により随分と鍛えられました。

途中容赦なく、いろいろトラブルが発生しますからね・・・。

それを乗り越えるのも大事ですが、トラブルを想定してできるだけ最小限にとどめられるよう準備しておくのがプロなのかもしれません。

(それでもハプニングが起こるときは起こるけど、汗)


では、どのように準備しておくのかというと・・・

いきつくところは、記録をとることも含めて、なるべくたくさん畑に通うことなのかもしれません。

毎日作物を観察することで、少しの変化にも気づきやすいので。

これを義務づけてもよいのですけど、自ら通いたくなる畑にしておくことが、楽しく続けられるコツかなー。

過去にたくさん経験しましたけど、「見たくもない畑」の状態になることがありますから(焦)。

台風で倒れちゃった、もそうですし、病害虫の蔓延とか、

あとはやっぱり草ボーボーですね(汗)。

こうなると、やっぱりモチベーションが下がります・・・。


昨年やっと圃場が全部そろって(ほとんど元耕作放棄地、汗)、今年はもう新しく増やさなかったので、今ある圃場は今後はずっと綺麗に保ちたいデス。

以前は本圃の草取りに追われて、休耕しているところはすぐに草ボーボーにしてしまっていたのですが、

今年は周りのベテランの農家さんみたいに草の種をなるべく落とさないゾ!と意気込んでいます。


大きい畑も小さい畑も、あっちこっち耕します。

0906 (1)

0906 (3)

0906 (2)

0906 (4)

0906 (5)

0906 (6)

(耕し方についてはいろいろと問題点があるかと・・・ 見かねた方はよきアドバイスをお願いいたしますm(_ _)m)


これ↓は他所の畑の画像(許可なく撮影、スミマセン)ですが、

09061234.jpg

昨年まではうちもいつもこんな感じでした。

耕してもすぐにこうなるんです。他所の畑は綺麗なので何故?と不思議に思っていたのですが・・・

これをもう1~2週間放置しておくと、今時期のように雨→晴れて暑い日の繰り返しだと、たちまち一面ボーボーになっちゃいます。

そうなってから一回耕してそこそこ綺麗になっても、すぐまた元通りに・・・。


ボーボーにしてしまった場合は・・・

3回耕して(一回目はゆっくり丁寧に+残りの2回は普通に)、その一週間後にもう一回耕すとしばらく綺麗を保てて、その後細かい草が生えてきても、種をつける前にすかさず耕してしまえばだんだんと草の密度も減っていくはず。

緑肥を入れるにしても、前は緑肥とともに草も一緒に生えてきちゃってたので、そうならないように気を付けますッ。


そして・・・

今年の春に初めて気づいたのですが(汗)、イネ科の草にはあの憎きサビ病がたくさん発生しています。

13226654_805576252910373_6943917512024043030_n.jpg

それに、わたしはイネ花粉症もち(涙)。

だから、畑周りもいつも綺麗にしとかないとね~♪


今更ながらやっとスタート地点につけた感じです・・。



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加

習慣づける。 就農5年目日記26

気付けばセミの声がスズムシやコオロギの声にかわって、だんだんと秋らしくなってきました。

空には夏の入道雲と、秋のすじ雲やウロコ雲が混在してます、

こういうのを「行き会いの空」と呼ぶらしい。

0902 (8)

0902 (10)

0902 (9)



朝晩は涼しいけど、昼間の圃場はやっぱり暑い。

0902 (1)


最近の密かなお楽しみは、背丈より高くなったエビイモの中に入って休憩し、「なんちゃって森」気分を味わうことです。

0902 (2)

木漏れ日ラヴ♪



さて、今年も2/3終わってしまいましたが、毎年「今年こそは」習慣づけようと思っているのが・・・

日々の作業記録をわかりやすく整理することです(汗)。


みなさん当たり前にやっていらっしゃることだと思いますが・・・、

わたしはこれまでいろいろな記録方法を試してきましたが、どれもなかなかしっくりこなくて、未だに毎年様式を変更しております。

パソコンでまとめてた時期もありますが、ちょっと確認したいときにパソコンの電源が入ってないと開くのが面倒だったりして・・・


で、今年は今のところこの2冊を使っています。

ひとつは前にも紹介した「農家日記」。

0902 (4)

これには、日々の作業内容、時間、天気などを記入してます。

0902 (3)



で、別にもう一冊、ルーズリーフに品目・作型毎の作業記録をつけることに。

0902 (5)

これだと作型毎の注意点が振り返りやすいし、書きたいことが増えても用紙をどんどん足せるので。


どちらも大したことは書いてないのですが、ちょっとしたことでも書いておかないと、歳のせいか一年後には同じ作型のことでもかなりの部分を忘れていますから(涙)。


こういうものはもちろん毎日書かないといけないわけですが、忙しい時期はついつい2~3日まとめてになってしまいます。

でも、それでもいいことにしました(笑)。

もういちいち挫折感を味わっていたらキリがないので・・。


あと、いつ書くかも問題で、「寝る前にその日を振り返り必ず書く」とか「作業の都度書く」とか、一日のルーティンに組み込めば続けられる、とよく言いますが・・・

思い立ったときならいつでもよいことにしました(笑)。


というわけで、ゆる~く続けています。

「3日坊主」という言葉がありますが、3日を乗り越えると3か月を超えられるかどうかがひとつの節目で、3か月を超えると3年の壁があるそうです。

3か月は越えたから、あと2年か・・・

何事にも熱しやすく冷めやすい&自分に甘~い(ととちゃんには厳しいけど)ので、

何かを習慣づけるということが人並み以上に大変なのです。


あ、でもブログは5年目だな、やっぱりゆる~くやるのが合ってるみたいです☆



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


このエントリーをはてなブックマークに追加