農業者年金。

先日役場から、
「農業者年金」について一度説明にいきたいのですが・・・、
という電話がかかってきました。

なぜ突然に?

と不思議に思ったのですが、役場の方がおっしゃるには、

うちの地域の農業委員さんが、役場に連絡して、わたしたちに農業者年金について是非案内しなさい、と言ってくださったそうです。


その農業委員さんと我々が、直接面識があるのかどうか、実はよくわからないのですが(もしかしたらどこかでお話したことあるのかもしれないけど・・・汗)、先方はわたしたちの事をご存じなのでしょう。ありがたいことです。



というわけで、「農業者年金」というものの存在自体を、初めて知ったのですが、とりあえず資料を送っていただきました。

パンフレットをパラパラと見てみますと、なかなかお得な内容となっていました。


加入の条件は
①国民年金第一号被保険者であること

現時点でわたしは3号さん(ととちゃんの扶養)なので、加入できません。
扶養から外れたら(たくさん稼ぐようになったら)、加入してもよいかな~。

②年間農業従事日数は60日以上(たった60日でいいの!?)
③20歳以上60歳未満
④国民年金付加保険料に加入すること
(これも初めて知った制度ですが、月額400円の保険料で、国民年金の給付額に200円×付加保険料を納付した月額が加算されるらしい 農業者年金に加入しなくても、これは加入しといてもよいかも・・・)


保険料は
①通常加入の場合  月額2万円から6万7000円の間で千円単位で自由に設定
②政策支援加入   月額2万円
※認定農業者・青色申告者・加入年齢等々・・・いろいろな要件を満たせば国から保険料の補助が一部あり!

日本の農家は厚遇されているんですね~


受給期間
①65歳~終身(!) 
②80歳未満で亡くなった場合は、遺族に「死亡一時金」として支給される


ここまで聞くとなかなかオイシイ感じがしますね。
詳しく見ると?なところもあります・・・、

例えば、「積立方式なので安心」とうたってありますが、
自分が積み立てた保険料とその運用益によって将来の年金を受給するそうです
運用で損失出たらどうなるんでしょうか

将来の年金額の試算表では、
想定される運用利回りが2.3%で計算してあった。

2%といったら、30年後に元金が2倍になるくらいの利率だったような・・・

投信とかそういう世界では普通の数字なんでしょうか。
わたしには縁がないので、ありえんやろ?と思ってしまうのですが。


しかし、国民年金だけでは心もとないので、自営だったら自分で勉強して、老後に備えとかないといけないですね。農家だったら農業者年金は大きな選択肢のひとつになると思います。



詳しくはこちら↓
農業者年金基金HP



ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

年間250万円生活。

我が家はもうすぐ年度末です♪

というのは、結婚したのが10月だったので、家計は10月~翌年9月を一区切りとしているから。

毎年この時期に一年間分の家計簿を集計しております。


今年度使ったのは250万円。

社会保険と自動車保険はお給料から天引きなので、この金額には含まれていませんが、

月々の生活費の他、固定資産税とか車検代、年2回の帰省や、海外旅行一回分の費用、家電買い替えなどの費用は含まれています。

同年代の世帯の中では、少ない方と思うんですけど、どうでしょう??

特に何かを我慢するような節約はしてないけど、浪費は絶対にしません。

そして、年々出費は少なくなってます。


このくらいで生活できるのなら、おネギを5~6反作れば何とかなるので、将来的には専業農家でも大丈夫です☆

でも、今すぐ移行できないのは・・・

まだ投資回収できてないこと。

自分が持ち出したお金、全く返ってきていません
過去記事 目標は投資回収。 参照。

本当は今季回収する予定でしたが、トラクターも年内に購入しよう、という話になっているので、その場合、また追加で持ち出しが必要(汗)。


そして、今年3反作ってますけど、目標収量には達しないような気配・・・。

兼業でもこのくらいの面積はちゃんと作りたいもんデス(汗)。

確実に収入になるように作らなければ、不安なので、いたずらに栽培面積を増やし、管理がゆきとどかず、また新しい農機や設備を投資する、という悪循環に陥りそうです。


とりあえず、来年は作付面積は現状維持で、反収アップを目指すこと。

今年で大きいものの投資は一応終わる予定なので、投資回収すること。

の2つが目標。

この2つができて、初めて脱サラの環境が整い、スタート地点に立てるというわけです。


今季のおネギは、これから収穫終わりまでまだまだ長いですが、秋には来年度の予定を立てておかなければいけないので、家計簿集計したのと照らし合わせて、今から考えている次第です(汗)。

これからも、堅実、着実にいこうと思います・・・。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー

家畜に名前をつけるべからず。

ゆる~く自給自足を目指している我が家です。

農業をやっているお宅は、野菜は自家製があたり前、という贅沢な環境なのでは、と思いますが、

あたり前すぎて、有難味が薄れてきている可能性もあります。

新規就農だと、春~夏にかけては楽しく嬉しい時期ですね♪



この時期、じゃがいもや玉ねぎはもちろんストックがたくさん☆

遅ればせながら、我が家でも夏野菜の収穫が始まりそう。


春にたくさん採れた、豆類やたけのこは冷凍保存してあります。
そして、もちろん、おネギは色々な切り方でたくさん冷凍保存してあります♪♪

山菜を採りにいったり、近所の竹藪で破竹をとったりすることも。

マダケ
※写真はマダケ。しっかり灰汁抜きをしないとエグいです。




そして、野菜以外で自給できるといえば、魚介類です。

時には、浜名湖で潮干狩り。

時には、遠州灘にシーカヤックで出漁。

CIMG1077_convert_20130616205955.jpg


磯でワカメやウニ等をゲット!!

CIMG1088_convert_20130616205908.jpg



等々、遊びながらしっかり食材を探しています。


そして、とうとう、ととちゃんがスゴイ獲物をGET☆

天然うなぎ


ウナギ様です~~!!



近所の川で、夜釣りで釣れました。

昨今の鰻価格高騰で、名産地浜松のお隣に住んでいても、なかなか口に入らなくなった鰻様です。

しかも、天然もの!

しかも、エサは庭のミミズ!!




ありがたや~、ありがたや~~。



しかし、泥を吐かせるために、一週間程度、綺麗な水中で生かしておいたほうが、より美味しく食べられる、

との話を聞いて、

とと&はるが、ウナギ様を生かしておくための、水槽セットを買ってきました。

うなぎ 水槽


これは、しばらくの間、毎週ウナギ釣りに行ってもらわないと、元がとれません(汗)。

しかも、はるは、ウナギ様に「ヌタッチ」という名前をつけて、可愛がっている様子。



一週間後に、食べるんですけど・・・。




☆追記☆

先ほどこのウナギ様が水槽から脱出して大惨事となり、わたしの悲鳴がご近所中に響き渡ってしまいました。




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


固定種で時給自足☆

我が家で目指しているところのひとつに「自給自足」というのがあります。

ストイックに、ではなくゆるく目指しているわけですが。

その手段のひとつとして、前々から目を付けていた「固定種」という存在は外せません。



固定種についてちょっと調べた過去記事はこちら。
F1品種ってなに!?


何故固定種に注目しているかというと、一度植えたらこぼれ種で次年度も野菜が発芽~収穫までいけるのではないか?と期待しているからです。

注:自家用野菜にするのが目的です。


もう5年以上前に見たテレビ番組で、各種貧乏さんの生活を紹介する、というコーナーがありました。

わたしが注目したのは、そのコーナーの中で紹介されていた、あるお宅の敷地内の草ボーボーの場所で、なすや大葉がこぼれ種で毎年勝手に育っている、

しかも草むらの中にあるので、農薬を使わなくても虫が分散されて、綺麗な野菜がタダで収穫できる、というもの。


こんな状況にずーっと憧れていたのですが、自宅敷地内の一角があまり草ボーボーというのはいたたまれないし、

ご近所さんに迷惑をかけたくないので、夢としてとっておいた案件です。



しかしっ、今年は耕作放棄地を借りることができました☆

そこは元々恐ろしく草ボーボー(人の背丈くらい)だったので、遠慮なく使えます。


そこの一角(全体からしたら1/15くらいの一角です)を、この自給自足用雑草農法!?に利用しよう、という算段です。


早速固定種専門店「野口のタネ」さんから固定種をお取り寄せしました!

固定種 種

固定種 生種

もちろん生種ですっ。


これで次年度からは永遠にこぼれ種で夏野菜は自給できる、というわけです(予定)。


注:わたしはこぼれ種で勝手に育つことを想定していますが、野口のたねさんで取り扱いされている種子の説明に、「こぼれ種で発芽する」などとは一切書いてありません。 ちゃんと採種して保管する方法なら紹介されています。

現在のこぼれ種自給自足予定圃場の様子。

菜園

ちょっと前まで風除けのビニール袋をかけていたけれど、それをとってしまうと、草と同化して、どこに何があるかわからなくなった。

ねらい通りです。

この画像の中には、トマト、なす、きゅうり、ゴーヤ、ピーマン、落花生がいるのです。

虫のほうも草のあるほうへ分散してくれて、野菜にばかりたくさんついているということはないです。

周りをいちおうソルゴーで囲おうと思って種をまいていますが、雑草のほうが勢いがよく、ソルゴーが負けているかも。



自家用野菜の栽培はできるだけ手を抜きたいと思っています。

本当の「自給自足」をしようとすると、一日中その日のご飯を食べるためだけに活動しつづけないといけないような気がしますから・・・。

それでは「その日暮らし」のバイトをして生活しているのと一緒のような気がしてイヤなのです。


お客さまに購入して美味しく食べていただく「おネギ」には愛情をもち、手塩にかけて丁寧に育てております♪




ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー


貧乏人は服を着ろ。

めっきり寒くなりました。

といっても、山陰・北陸・東北・北海道の皆さまに比べたら、ちゃんちゃらおかしいワ、というぐらいの寒さですが。

Yahoo天気によりますと、本日の磐田市は

最高気温5℃  最低気温1℃  最大風速7m    

デス。

皆さまの地域と比べて、いかがでしょうか??



「貧乏人は服を着ろ」。

これは、小城家に代々伝わる家訓みたいなもので、結婚当初からととちゃんには厳しく言い渡されていることです。

どういうことかというと、暖房のスイッチを入れる前に一枚重ね着しろ、というシンプルなことなのです。

しかし、超~!!がつくほど寒がりなかかちゃんは、室内では暖房をガンガン効かせるのが常だったので、長年この方針には反発してきました。

がっ、今年は違います。

たくさん着てヌクヌクしています。

たくさん着ることの何が素晴らしいか、というと、移動しても常に暖かいということです。

暖房の効いている部屋で少々薄着で過ごすことができたとしても、その部屋を一歩出たとたん、サム~~!!となるわけで、それがために行動範囲が狭まるということが日常的に起きています。

しかし、暖房をしていない部屋で服をたくさん着て暖をとっていた場合、同じくノー暖房の隣の部屋へいっても、はたまた外へ出ても寒さを感じない、ということに気付いたのです!!!

というわけで、毎日ヌクヌク生活をエンジョイしています。


そんな我が家でも、昨日遂にストーブを導入しました。

わたしじゃなくて、ととちゃんが、ストーブつけようと、言い出したのですヨ。

これはもう、ととちゃんに勝った!という気分ですね。

だってわたしはたくさん着ているから暖房つけるほど寒くないんですもの。



どのくらい着ているかというと・・・

・靴下 3枚

・パッチ(ズボン下というのかしら??)+フリースのズボン+裏起毛のシャカシャカズボン

・シャツ2枚+トレーナー+フリースベスト+インナーダウン+シャカシャカ上着

・ネックウォーマー+ニット帽

・軍手2枚重ね

これ以上着られない、というくらい着ています。


これで、寒風吹きすさぶ作業場でも、チマチマとした作業をこなしています。

掘り取りのときは暖かいので(というか暑くなるので)、1~2枚減らしています。



ちなみに、義母は本当に寒い日には室内でスキーウェアを着ているらしいです。

もう、天才の域に入ってますね。

わたしも更に寒くなったらスキーウェアを着ようかな。

軽いし動きやすいし、農作業にはもってこいのはず。スキーに行くと不思議と寒くない、の法則です。

IMG_4995_convert_20121210205836.jpg

いくら強風でも、晴れ間が出るのが遠州地区のよいところです♪太陽が照ると、気分も晴れますね☆



本日の出荷・・・0。
中途半端な量だったので、明日まとめて出荷します。

夕方早目に帰ってきたととちゃんと2人で掘り取りしたら、1時間半で軽トラ一杯でした☆ ととちゃん一人の軽トラ一杯3時間半より半分以下の時間でできました。


ブログランキングに参加しています。
↓応援してくださる方、一日一回クリック願います!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2ランキングバナー