FC2ブログ

来年の夏越し計画と職業体験

ここ2~3日でやっと少し涼しくなってきました。夜エアコンかけなくても大丈夫。そして、曇っていれば日中も快適に仕事できます。ヤレヤレです。

暑さ・寒さも彼岸まで、って昔からいうけど、これは日中の暑さのことですよね。今後は「夜の暑さ」のことになりそう。確か7~8年前は十五夜の頃外へ出るとかなり肌寒いくらいでしたからね・・・(懐)。

さて、この暑さを受けて、人間だけでなくネギは結構へばっていますね。

早く植えた順に成績が悪いような・・・。

だから、来年の定植は7~8月に限定してみます。7月定植でも年末の収穫には間に合うでしょう。

そして、7月~お盆前のいちばん暑くてエビイモの管理の忙しい時期に、ネギの管理がなるべく被ってこないようにしたいと思います。

ネギも人間も夏越はムリ、ってことで・・。



話は変わって、先週ははるちゃんたち中2生が市内のあちこちの企業やお店で2日間の職業体験をさせてもらいました。

今回はるちゃんが受け入れてもらったのは、農業法人さんです。

うちで農作業やってるんだから、せっかくなら別の業界・業種に挑んでほしかったのですが、第?希望かに書いたら当たっちゃったそうです。

で、暑いハウスの中で2日間ひたすらバジルの枯れた葉っぱを取り除く作業をやった、と申しておりました。

果たして、マジメにやったんでしょうか。そして、ちょっとはお役に立てたのでしょうか・・・? 大変お世話になりましたm(_ _)m


でも、もし職業体験の時期がもう少し後ろにずれたら(エビイモの収穫が始まる10月以降に・・・9月中はあまり仕事ないから・・)、来年はうちにも来てもらえるよう手挙げようかな。

だって、せっかくちょっとでも農業に興味もって来てくれるのに、ガチで枯れ葉取りばっかりじゃあ、将来そこで働きたいとは思わないでしょうね。収穫や出荷も体験させてあげたいです。

まあ、単調な作業が続くことも農業の現実かもしれませんが(;'∀')



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村



忙しくなってきました(焦)

毎年6~7月が一番忙しいような気がします。

夏ネギの収穫、育苗、定植とエビイモの管理が同時進行で、この時期はちょっと油断するとあちこち草ボーボーになっちゃいますので・・。

20190615_(2)_convert_20190615071356.jpg
20190615_(4)_convert_20190615071608.jpg

しかも、ととちゃんが4月に事業部を異動してから忙しくなっちゃって、前みたいに、夕方早く帰ってきてからちょっと作業する、ができなくなった。

そして、はるちゃんは学校に部活に塾に、といろいろ忙しい。

気づけば一人農業!?

まあ、何にしても頑張りすぎるとすぐにしっぺ返しがくるので、わたしは変わらずボチボチやってます。


夏ネギ、自分でも少し皮むきしてます。

定期的に豪雨がきて土が落ちるので、相変わらず軟白が微妙。

20190615_(6)_convert_20190615071720.jpg

だけど、今年はLPで作ったので、夏扇パワーでも結構しっかりしていて折れが少ないです。ほぼLサイズ。


今回は結束機の向きをくるりと回して、左からとって右へおくるようにしてみた。

20190615_(5)_convert_20190615071640.jpg

こっちのほうが自然ですよね? 何故今までずっと逆にやっていたのでしょう・・・。


はるちゃんがやっと期末テスト終わったので(この時期にもう期末テストってどうなんでしょう?)、今週末からバリバリ手伝ってもらおうと思ったら、テスト終わったから友達と遊ぶ約束をいろいろしているらしい。

20190615_(3)_convert_20190615071444.jpg

ソファで勉強していると、何故かいつも、いつの間にかこうなってる・・。


あと、自分で組み立てるパソコン、紆余曲折ありましたが、無事に作動しております。

20190615_(1)_convert_20190615071249.jpg



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村

初夏ネギようやくスタート。

今年の初夏ネギ栽培に関しては、めっさ画期的な方法を思いついた!と、自画自賛しているのですが、管内ではこの話にだぁ~れも興味もってくれませんので、ここに書いときます。

今年のチェーンポットの初夏ネギ(夏扇パワー、LP4粒播き)は、12月15日定植。

だいたい毎年この時期に植えてます。

で、今年は1月20日頃から端の2列だけトンネルをかけてみました。

うちの地域では、最初からトンネルをかけると、年内に大きくなりすぎたネギが大寒の頃の寒さにあたって、ボウズが出てしまいます。

だから、一番寒い時期からトンネルをかけて、そこから大きくしてみよう、と思ったわけです。


3月20日頃(画像をクリックすると大きくなります)

IMG_7261031811 (4)

この時点でトンネルかけたとこと、そうでないとこの差が結構出てますよね。


で、4月初旬にトンネルをとり、管理機でどんどん土寄せしていきました。

そしたら、トンネルのほうの大きいネギに合わせて、小さいほうのネギが一生懸命伸びて、GW頃にはほぼ同じ長さになりました。

太さはトンネルネギのほうに軍配が上がりますが。

というわけで、トンネルは全部かけなくても、両端2列ずつくらいにかけておけば、中のネギも一生懸命伸びてくれるかな、と思います。

で、太りの良い両端からだんだんに獲っていけばよいし。


みんなこの方法でやりたがらないのは、トンネルかけるのが面倒だからです。でも、端だけならやってもいいか、と思いますよね。

北海道の人なんて、露地のネギの上にハウス建てて冬越ししたりするんですから、恐れ入ります。それに比べたら、トンネルかけるくらいちょちょいのちょいですよ。

あともうひとつ、みんながやりたがらない理由があります。

それは・・・、

資材が結構お高い。

ユーラックカンキを使ってますが、確かに高いです。でも、使いまわし可能です。

わたしは去年エビイモの早期栽培に使った資材をこの初夏ネギに再利用しました。

そして更に、今年のエビイモの早期栽培のトンネルにも使用しています。

まだ、大丈夫です。


ただ今年残念だったのは、トンネルかけたから、5月中に出荷始められるだろうと思ったのに、結局6月スタートになってしまいました。去年より一週早くなっただけ、汗。

でも、今年は雨が少なかったから、トンネルかけてなかったら、もしかしたらもっと遅れてたかもしれません。

来シーズンもまた実験してみます。




結局ちょっとはボウズ出てます。全体の1%もないと思うケド。

06032019_(2)_convert_20190603180758.jpg




にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村

乾期到来

風が吹~いているぅ~♪

こちら、遠州の冬らしく、毎日強風&晴れのお天気です。

しっかし、ここのところ雨が全然ない。加湿器つけても、室内の湿度30%台・・。

寒気というより乾期が到来しています。

火事とインフルエンザには注意です。


もともと雨が少ない時期なので、乾いていて当然といえば当然なのですが、昨年12月25日に初夏ネギを定植してから、3週間雨が降ってなかったので、やっぱりちょっと心配になってきました。

0118 (2)

枯れ~~~(悲)。



試しにひとつふたつ抜いてみると・・・。

0118 (3)

抜くというより、ただそこに置いてあるだけ、という感じで、やはりまったく活着しておりません。

セル苗(試験品種につき)なので、余計にね~~(汗)。

この一週間ほど前にチェーンポト苗を植えましたが、そっちはその後に20ミリくらい降りましたので、しっかり活着しています。


面倒なんですけど、セル苗のほうは渋々潅水してみました。

7aのところに500Lくらい。

↓ものすごい画質悪いですけど、このくらいのスピードで撒きました。



通常のスズラン噴口のかわりに、園芸用シャワーヘッドを取り付けて・・。

ちなみに、アフェットFBなどの薬剤を潅注するときもこのセットで行っています。



潅水後。

0118 (4)

一応ちょっと湿ってる・・?


この数日後、一晩で1ミリだけ雨が降りまして、少しは活着したような。。

しかし、この後また10日先まで予報はまだ晴れマークです。

もう一回撒こうかな・・ 今度は倍量くらいを・・・。


曇り&風のない日じゃないと、すぐ乾いてしまうので、チャンスを待っているんですけど、もはや曇りすら期待できない予報となっています。

このままいくと、磐田市のこの一か月の降水量は1ミリどまりになりそう(;'∀')

お天気がよすぎる、っていうのもなかなか贅沢な悩みですね。




にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村

埋まったおネギ、その後。

2週間前に定植直後の苗が大雨で埋まった件ですが・・・

062112 (7)

その後、どうしたかというと、2日後に管理機で救出を試みてみました。


管理機の爪と爪の間に、土を均す部品がついているので、それを取り外して、一番内側の爪を真っすぐなものに交換。



これで爪と爪の間隔が約10cmになるので、

ねぎの頭の上を通って、ねぎの両側の土を外に飛ばす、という荒業です(汗)。


ちなみに、このやり方、わたしが考案したわけではなく、

数年前に、鳥取のねぎ農家さんが、大風で砂が舞ってねぎが埋もれちゃったときに、この方法でねぎを救出、という画像を見たことがあったので、マネしてみようと思ったのですが、

あちらは、砂だし、畑が乾燥しているので、管理機を一度通せば、その振動でねぎの周りの砂もきれいに落ちて、めでたし、めでたし、という結果でしたが、

こっちでやってみると・・・・

0703112 (5)

こうなりました(笑)。

爪と爪の間の土が完全にそのままの形で残ってますね。

※画像をクリックすると大きくできます


なので、ねぎの周りの土はやはり手でどかすことに・・・

0703112 (6)

不用意に土をどけると、ネギが抜けて一緒についてきちゃうので、結構時間かかります。

これでも全て手でやるよりはかなり楽なのですが・・・


そして、2列ほど地道に手直ししたところで、また雨が降ってきて、作業中断。

一日結構ザーザー降ったので、

あーあ、これでまたしばらく畑に入れないなぁ、と思っていたら、

その雨で、ねぎの周りの土が、ほとんど落ちてくれた(笑)。

0703112 (4)


それでも、土が落ちきれずに埋もれちゃってたところが数か所あったので、そこは一週間ほどしてから、余っていた苗に植え替えて、

0703112 (2)


現在に至ります。

0703112 (3)

まあ、7~8割くらいは救出できたんじゃないでしょうか・・


しかし、たいがいの失敗はやりつくしたと思っていましたが、まだまだいろいろあるものですネ。

ネタの少ない田舎町で、ご近所さんにはかなり楽しんでいただけていることと思います。

そろそろネタ提供料を頂戴しないと。



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村