FC2ブログ

長っ。

  • Day:2018.09.05 06:50
  • Cat:台風
台風21号で被害にあわれた皆様、お見舞い申し上げます。

今回はなかなか強烈でしたね。。。

こちら静岡沿岸部は、4日昼過ぎから5日明け方までずっと強風で、

しつこ~~~~~~~いっ!!

と、イライラ。

ねぎは絶対倒れたと諦めてましたが、意外と大丈夫でした。

989511 (2)

これ一番最初に植えた(5月定植)ですけど、今年は台風対策で気を付けてなるべく大きくしなかったので、それがよかったかと・・。

大きくならなかったんじゃなくて、大きく「しなかった」んですヨ(汗)。


989511 (3)
989511 (6)

他のネギはもっと小さいので大丈夫です。台風対策で、一応全部小葉の品種を選んでます。


雨は大して降らなかったので、定植直後のキャベツの畝も崩れていませんでした。

989511 (5)


エビイモはいちばん南の列だけ葉っぱがボロッとなったくらいで・・。

989511 (4)


ちなみに、昨日の最大風速は13.9m、最大瞬間風速は22mでした。

これくらいなら持ちこたえるということかな?


今シーズン、うちにとっては第二弾の台風でした。

これからまだいくつかくるでしょうが、何とかやり過ごしたい(涙)。



ご近所の畑。

989511 (1)

南側だけ支柱を入れてテープで止めてありました。

これだと、南側のねぎが風を遮って、中のねぎを守れますね。今回は南風ってわかってましたからね。

アッタマイイ~~!!





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


ジョンダリ通過~。

  • Day:2018.07.29 10:18
  • Cat:台風
今年一発目の台風がやってきましたー。

なんちゅうとこ通るんや、という、こちらにとっては最悪のコースでしたが、

結論からいうと、ま、大丈夫だったかな?

風圧でかなり家が揺れてたので、何が飛ぶかとヒヤヒヤしましたが。

ネギはまだ小さいので、ちょっと傾いてますけど、まあ自力で起きるでしょう。

072911 (2)



端の方はちょっと手で直してやらないといけないところもありますが。

072911 (4)


雨はたいして降らなかったので、畝も崩れることなく(汗)、おおむね大丈夫・・・かな?

072911 (1)




エビイモは葉っぱ無くなってる~~。

072911 (6)


海から直接の風じゃなくて、東からだったので潮っぽくないから、枯れはしないと思いますが、ちょっと成長が遅れるでしょうね。



家のキュウリとかゴーヤが一番被害を受けたかなー。

072911 (3)


というわけで、停電や断水もなく、無事でした。


今年はあと何回くるかなー。



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村

埋まったおネギ、その後。

2週間前に定植直後の苗が大雨で埋まった件ですが・・・

062112 (7)

その後、どうしたかというと、2日後に管理機で救出を試みてみました。


管理機の爪と爪の間に、土を均す部品がついているので、それを取り外して、一番内側の爪を真っすぐなものに交換。



これで爪と爪の間隔が約10cmになるので、

ねぎの頭の上を通って、ねぎの両側の土を外に飛ばす、という荒業です(汗)。


ちなみに、このやり方、わたしが考案したわけではなく、

数年前に、鳥取のねぎ農家さんが、大風で砂が舞ってねぎが埋もれちゃったときに、この方法でねぎを救出、という画像を見たことがあったので、マネしてみようと思ったのですが、

あちらは、砂だし、畑が乾燥しているので、管理機を一度通せば、その振動でねぎの周りの砂もきれいに落ちて、めでたし、めでたし、という結果でしたが、

こっちでやってみると・・・・

0703112 (5)

こうなりました(笑)。

爪と爪の間の土が完全にそのままの形で残ってますね。

※画像をクリックすると大きくできます


なので、ねぎの周りの土はやはり手でどかすことに・・・

0703112 (6)

不用意に土をどけると、ネギが抜けて一緒についてきちゃうので、結構時間かかります。

これでも全て手でやるよりはかなり楽なのですが・・・


そして、2列ほど地道に手直ししたところで、また雨が降ってきて、作業中断。

一日結構ザーザー降ったので、

あーあ、これでまたしばらく畑に入れないなぁ、と思っていたら、

その雨で、ねぎの周りの土が、ほとんど落ちてくれた(笑)。

0703112 (4)


それでも、土が落ちきれずに埋もれちゃってたところが数か所あったので、そこは一週間ほどしてから、余っていた苗に植え替えて、

0703112 (2)


現在に至ります。

0703112 (3)

まあ、7~8割くらいは救出できたんじゃないでしょうか・・


しかし、たいがいの失敗はやりつくしたと思っていましたが、まだまだいろいろあるものですネ。

ネタの少ない田舎町で、ご近所さんにはかなり楽しんでいただけていることと思います。

そろそろネタ提供料を頂戴しないと。



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


降りましたねー。

昨日一日で188.5ミリって・・・

アホかっ!って感じです"(-""-)"

でも、もっと降ったところもあるんでしょうね~。

062112 (5)


葉っぱの大きくなる品種は、こういうときとっちらかっちゃいますので、

062112 (1)


やっぱり小葉の品種のほうがよいですね。

062112 (2)



さて、一番の問題は・・・


先週定植した↓ネギが、

062112 (4)



綺麗に全部埋まっちゃいました。

062112 (6)


062112 (7)

さて、どうしたものか。

管理機で何とかできないかと思案中。



エビイモはこういうときは大丈夫です。

062112 (3)

というか、むしろ元気。

風と寒さには弱いみたいですけど。


やっぱりこれからはエビイモかなー? ^^;)



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村

試験品種☆

今年は秋ねぎをやめて、12月以降から収穫することにしたので、本年の定植第一回目♪

052311 (2)


品種はサカタのSK002、約4a。

昨年に引き続き、試験品種をセル苗定植してもらいました。

JAから試験を委託されているので、苗&定植代は、

タダです。

おまけに、少しだけ肥料農薬代が支給されます。



試験品種の栽培は、通常ねぎ部会の本部の役員さんや、生産研究員さんがやるものみたいですが、

そのどちらでもないわたしに何故お声がかかるかというと。。

ねぎ作りが上手だから、ではありません(汗)。


一番最初は、一昨年の夏ネギの苗を失敗したときに、余っていた試験品種苗をお情けで分けていただいたのが始まりです。

その後も続けて頼まれたのは、おそらくレポートを提出したからでしょう。


栽培履歴と生育過程の画像、可販株率・階級発生率に、感想を添えて出します。

圃場毎にまとめるの、結構面倒です・・・。

でも、やっぱり、何となく栽培しやすかった、とか、しにくかった、じゃ試験にならないので、数値で検討しないとね・・。

というわけで、今回の試験で4回目。



しかし、もうすぐ出荷がはじまる、夏ネギの試験品種はちょっと失敗(汗)。

052311 (1)

一部歯抜けになっていますが、原因は黒腐菌核病でした。

これまで夏ネギで黒腐が出たことなかったので油断していたのですが、圃場の菌密度がだんだん上がってきてるんでしょうね。

来作の夏ネギは、定植直後と3月上旬にアフェットFB潅注をちゃんとやろうと思いマス。


それと、今年からエビイモの早期栽培をお試しでやっていて、うまくいけば来年増やすので、この資材をそのまま夏ネギのトンネルに使おうと画策中。

052311.jpg

今の時期、出荷するものがなくてヒマなので(涙)。




にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村